「がんと告げられたら」心を守るために大切な事 泣く、怒る…負の感情にも大事な役割がある

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
ある日突然、医師から「大変な病気」であることを伝えられたら……。あなたはどうしますか(写真:JADE/PIXTA)
病気になる。しかも、それががんのような重い病気だったとしたら――。病気や治療に対する不安な気持ちや、うつうつとしたやりきれなさを抱える、そんながん患者に寄り添ってくれるのが、精神腫瘍医という存在です。
これまで4000人を超えるがん患者や家族と向き合ってきたがんと心の専門家が、“病気やがんと向き合う心の作り方”を教えます。今回のテーマは「医師から“手術はできない。病気と付き合っていくしかない”と言われたときの対処法」です。

 

一般的にがんの治療成績は、がんの種類や性質と、がんがどの程度まで進んでいるかによって決まります。がんの進み具合はステージIからステージⅣまでの4段階で分類されることが多く、数字が大きいほど進行しているという意味になります。

がんと診断されることだけでなく、もっとも進行していることを意味するステージⅣと告げられれば、誰でも大きなショックを受けると思います。

しかし、必ずしもステージⅣががんの末期というわけではなく、病気と付き合いながらにはなりますが、今では長期的に生きておられる方も少なくありません。実際、近年のがん治療はとても進歩しているので、根治するケースも出てきています。

ステージⅣと診断された患者さんの心のうちを、1人の男性が語ってくださいました。

がん検診3年放置でがんが進行

藤原孝史さん(46歳男性、仮名)は、ある日、便に血が混じっていることに気づきました。職場の健康診断は毎年受けていましたが、便潜血の検査(検便)だけは、便をとるのを忘れるなどで、3年ほどは受けないままでいたのです。藤原さんの脳裏に一抹の不安がよぎりましたが、「まあ、大したことないだろう」と気持ちをなだめ、念のためにと、自宅近くの消化器内科を受診しました。

消化器内科で大腸の内視鏡検査を受けるため、ベッドに横になった藤原さん。内視鏡が挿入されて間もなく、検査を担当している医師の顔が曇ったことに気付きました。「直腸にがんらしきものがありますね」と告げられ、モニターを見ると、そこにはいびつな黒みがかった隆起が写っていました。

この連載の一覧はこちら

不安な気持ちにさいなまれつつも、「がん治療も進歩しているし、きちんと治せばいいだろう」と、楽観的な見通しを持っていた藤原さん。紹介先の大学病院で詳細な検査を受けましたが、その結果は本人の期待に反して、厳しいものとなりました。

次ページ果たして藤原さんのがんの診断結果は
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT