スマート化がとまらない超便利な「家」の未来 「家電や住宅」はIoTでますます便利に進化する

拡大
縮小
スマート家電は、今や日常に欠かせない存在となっている(写真:takeuchi masato/PIXTA)

みなさんは、スマート家電をお使いだろうか?「OK Google」「Alexa(アレクサ)」「ねぇCLOVA(クローバ)」。声をかけると反応してくれる、AI内蔵のスマートスピーカーは、スマート家電の代表的なものだ。わが家にも小さいものがあり、天気予報を聞いたり、茹で時間を計ってもらったりしている。

スマート家電の所有率TOP3は?

「スマート家電」とは、スマートフォンやタブレットと連携したり、インターネットに接続したりできる家電のことだ。専用アプリを使って、スマートフォンでリモコンのように家電を操作することもできる。

スマート家電について、リビングテック協会が利用実態を調査している。スマート家電を所有している人の所有率を見ると、ナンバーワンは「スマートスピーカー」(46.9%)だ。機械音痴の筆者でも使っているのだから、当然の結果だろう。

2番目は「お掃除ロボット」(35.2%)で、これも筆者が持っているものだ。3番目が「スマートライト」(24.6%)、4番目が「スマート家電コントローラー」(20.4%)、5番目が「ネットにつながるエアコン」(19.2%)という結果だ。

なお、「スマートライト」とは、インターネットに対応した照明器具で、スマートフォンやスマートスピーカーから遠隔操作・音声操作できる。中には、照明の明るさや色を調整できるものもあるようだ。

また、「スマート家電コントローラー」は、通常は家電ごとにそれぞれリモコンがあるが、それらをまとめてスマートフォンでコントロールするもの。外出先からエアコンや照明のオンオフができたりもする。

スマート家電を利用するメリットはどんなことだろうか?「どのような点で利便性が上がったか、どのような効果を感じているか」の調査結果を見ると、「音声操作」(32.3%)、「家事負担軽減」(31.5%)、「遠隔操作」(30.9%)が上位に挙がった。

音声操作や遠隔操作は、インターネットでつながるこそのメリットだが、家事負担の軽減効果もあるのだという。どんなことができるのだろうか。

次ページスマート家電フル活用の例
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT