世界一安くて「我慢しない」永遠のダイエット法

「食べたいが太りたくない」ジレンマからの脱出

今や、食欲のない夏の夜は軽くヤッコで晩酌して満足しゴチソウサマってことも。足るを知るとはスゴイことである(写真:筆者提供)
疫病、災害、老後……。これほど便利で豊かな時代なのに、なぜだか未来は不安でいっぱい。そんな中、50歳で早期退職し、コロナ禍で講演収入がほぼゼロとなっても、楽しく我慢なしの「買わない生活」をしているという稲垣えみ子氏。不安の時代の最強のライフスタイルを実践する筆者の徒然日記、連載第26回をお届けします。

世の中を動かしている3つの欲望

「買わない生活」を始めて何が一番驚いたって、あらゆる広告にトンと関心が向かなくなったことだ。

稲垣えみ子氏による連載26回目です。

ま、当たり前といえば当たり前。何しろ今や「買う」より「買わない」ことに幸せと満足を見出しているのだからして、「これを買えばあなたにも幸せが訪れます♡」という魅惑のお誘いがあったとしてもですね、悪いが私には関係ナシという超クールなスタンスで臨むことになる。

で、そうしたクールな目で(つまりは上から目線で!)世の中のショーバイというものを眺めてみると、世の経済を動かしているのは、主に以下の3つの欲望ではないかということに勝手に気づいたのであった。

その3つとは「食べたい」「痩せたい」そして、「一目置かれたい」。

「一目置かれたい」(いわゆる承認欲求ですね!)はいったん置いておくとして、「食べたい」「痩せたい」に関しては、いやはや誠によくできていると思わざるをえない。

この2大欲求こそは、世の実に多くの人たちを虜にしている根源的欲望であり、そして言うまでもなく切っても切れない関係にある。はっきり言えばマッチポンプである。永久運動である。夢のエネルギー源である。

つまりはこの2大欲求が存在する限り、われらがニッポン経済は力強い動きを止めることなくクルクルと回り続けるのであります。

次ページ「夢のサイクル」に終わりはないのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT