これから「人を進化させる新技術」が次々生まれる

白熱対談!未来の人類「ネオ・ヒューマン」の姿

三木:ピーターさんは、ロジカルでいいですよね。精神論に訴えたり、よくわからない自分の基準で議論したりはしません。ピーターさんもそうですが、成功者は原理主義的なところがあるものです。いい物はいい、悪いものは悪いという点がはっきりしている。ですから、メッセージ性もあり、実現の可能性も高いと言えるでしょう。

日本人は「SDGsで社会のために貢献する」とは言いますが、欧米ではそれできちんと儲かるような仕組みを作ります。私は医療機器の研究をしていますが、その医療機器を患者さんに使ってもらうためには、実際に商品化して、届けなければなりません。そして、実現にはお金がかかります。ピーターさんは、その点もしっかり考えていて、ロジカルで美しいですね。

ただ、こういった問題は倫理的な問題を含むため、それが社会に受け入れられるかは、また別問題です。倫理というと何か絶対的に正しい基準というイメージがあるかもしれませんが、実際には社会がそれを受け入れるかどうか、という問題にすぎません。社会の側が変わるには時間がかかりますし、活動する人はがんばらなければなりません。

たとえばLGBTの問題もそうです。ピーターさんは、イギリスではじめて同性婚をした方でもありますね。本書では、その過程におけるピーターさんのお母さんの心境の変化が書かれています。LGBTは、70年代は、まったく受け入れられていなかった。でも、長い時間をかけて活動しつづけていたわけです。これは研究者としても、科学者としても見習わなければならないところだと思いました。

栗栖:私はピーターさんとは比べ物になりませんが、先ほど申し上げたように、自分自身が新しい体で2011年を迎えるという経験をしました。不便な時もありますが、「この状態でこれをやるには、どうすればいいか」と、やりたいことを叶えるための方法を探るというのは、とてもクリエイティブな作業です。

それまで使っていなかったクリエイティビティまで刺激されて、その力によって、自分の足りない部分を補っているようにも感じています。そういう意味で、「なんとかする方法はないか」というピーターさんの姿勢にはものすごく共感できました。

ネオ・ヒューマンとはなにか?

三木:あえて観念的に表現すると、彼は「死なない」「永遠に生きていく」ということを言っているのだと思います。

人は、何かを残したいものです。子どもを残す、作品、業績を残すなどいろいろありますが、なにかを残すという死に方がありますね。一方で、かつての日本には、「人は、死んだら山に帰るものだ」と捉えられていた時代もありました。現在の死とは感覚が違います。

そして今は、死というものを個人ベースで考えています。その中には、ピーターさんのようにAIとして生き続けることを選択する方もいる。選択肢が増えたからこそ、自分はどうしたいのかということを、きちんと考えなければならない世の中になるかもしれません。それは大変なことだと思います。

南澤:僕は、100年前の人から見れば、僕たちはすでにネオ・ヒューマンなんだと考えています。いや、小学生の頃の自分から見てもそうかもしれません。どこかへ行くために、事前に地図や時刻表を調べなくても、気づいたら到着しているという時代です。

僕たちの行動原理は、テクノロジーによって10年単位でどんどん変わっている。ある意味、僕たちは、常にネオ・ヒューマンだとも言えるのではないでしょうか。

次ページ私たちは「1.0」のままでは死ねない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT