これから「人を進化させる新技術」が次々生まれる

白熱対談!未来の人類「ネオ・ヒューマン」の姿

南澤:技術としては、今後いろんなことができるようになりますが、それを1人ひとりが選択するのか、それとも社会として選択するのかで未来の姿は大きく変わります。そこを考えなければならない時に来ていると思います。

南澤孝太(みなみざわ・こうた)/慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)教授。2005年東京大学工学部計数工学科卒業、2010年同大学院情報理工学系研究科博士課程修了、博士(情報理工学)。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特別研究助教、特任講師、准教授を経て2019年より現職。JSTムーンショット型研究開発事業プロジェクトマネージャー、超人スポーツ協会事務局長、Telexistence inc.技術顧問等を兼務。KMD Embodied Media Projectを主宰し、身体的経験を伝送・拡張・創造する身体性メディアやサイバネティック・アバター技術の研究開発と社会実装、Haptic Designを通じた触感デザインの普及展開、新たなスポーツを創り出す超人スポーツやスポーツ共創の活動を推進(撮影:尾形文繁)

100年前なら、こんな議論は必要なかったかもしれません。技術を開発し、こういった議論をする側の人と、その後、長いスパンをかけて実際に技術が開発されて、それを享受して生活する当事者とが、時間的に1、2世代離れていたと思うのです。

ところが、ピーターさんは、ALSを発症して4年、そして本書に書かれているのは最近2年の話です。自分の考えたことを、そのまま自分が享受するという短いスパンになっています。

こういう時代になったからこそ、みんなが当事者になったとも言えるのではないでしょうか。

テクノロジーと倫理観

三木則尚(以下、三木):100年前との違いは、今はコンピュータの性能がすごく進化していることですね。今我々が手にしているスマホは、実は、14年前のスーパーコンピュータと同じ性能なんです。それほど進化している。VRの研究は90年代から、AIの研究は70年代からはじまりましたが、もうここまで進んで実装されているわけです。

三木則尚(みき・のりひさ)/慶應義塾大学理工学部教授、国際交流委員長。2001年東京大学大学院工学系研究科機械情報工学博士課程修了。博士(工学)。マサチューセッツ工科大学航空宇宙工学科ポスドク研究員、リサーチエンジニアを経て、2004年より慶應義塾大学理工学部機械工学科専任講師。2017年より同教授。マイクロ・ナノ工学をベースに、医療やICTへの応用研究を遂行中。2017年5月に新しい減塩を実現する株式会社LTaste創業。2015年より機械工学科において、技術者倫理教育を行う「創造と倫理」の授業を担当。QWS de RINRIシリーズモデレータ(撮影:尾形文繁)

アバターや合成音声などはいずれできるでしょうし、それに対しては何も問題ないと思いますが、本書には、健康な臓器も入れ替えてしまうということが書かれています。ここは大きな議論になると思います。

たとえば、アンジェリーナ・ジョリーさんが、遺伝子検査の結果、乳がんになる可能性が非常に高いということで、予防的に乳腺をとり、話題になりました。医療的な診察を受けたわけでもなく、遺伝子検査というものによって、病気でもないのに手術をした。これは大丈夫なのか、という議論です。

同じく、健康な臓器を機械に入れ替えてしまうことは、テクノロジーとしてはありうるけれども、今後実際に誰かがやろうとしたときに、社会から「ダメ」と言われることがあるだろうと思います。

次ページテクノロジーに「置いていかれる人」がいるという問題
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT