"顔"で脂乗りがわかる「旬のさんま」上手な焼き方

初心者でも処理は簡単!フライパンでもOK

秋といえばさんま……! 塩焼きにはぜひ大根おろしを添えて(写真:吉澤健太)
この記事の画像を見る(13枚)

さんま さんま さんま苦いかしょっぱいか――

これは佐藤春夫が詠んだ詩「秋刀魚の詩」(一部抜粋)です。当時、谷崎潤一郎の妻に横恋慕していた作者が秋の夜、ひとりでさんまを焼き、そのわびしさに涙をこぼす……という内容。

1922年に書かれた約100年も前の詩なのに、男がさんまに向き合いながら飯をもそもそ食べている様子があざやかに伝わります。昔も、今も、秋はさんまを食べていたのですね。

おいしいさんまの見分け方

毎年、さんまは9月から11月くらいまで市場に出回りますが、シーズンの立ち上げは高価で、徐々に値段が下がります。つまり、10月中旬くらいが一番安価になる季節。脂がのっておいしくなったさんまを今年は自分で焼いてみませんか?

本記事はLEON.JPの提供記事です

まずおいしいさんまの見分け方から。

巷では、目が透明なものがよいとか、口(くちばし)が黄色いものがいいとかいいますが、野本さんが推すのは「小顔のさんま」。

いわく「さんまの魚体は長さはそれほど個体差がないので、脂のノリは身体の太さに表れます。つまり上からみた時に幅が太いさんま(太っているさんま)が美味い。肩のあたりからぐっと盛り上がって、小顔に見えるくらいのさんまがいいと思います」とのこと。

(写真:吉澤健太)

なるほど、小顔のさんまを探してみましょう。

次ページまずは下ごしらえから
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT