高齢化時代には、結婚の条件も変わる!

定年後の再婚もいとわぬ熟年離婚か、添い遂げる伴侶か

かすがいを失ってもなおカップルを維持する条件とは?

子どもが手を離れ、仕事の第一線を退いてから後が長くなった高齢化人生において、カップルを組み直す可能性は十分にありえることだ。そんな認識が共有されるようになったことは、一方で再婚市場を活気づけることになったし、他方では新婚市場における認識をも変えるようになった。

将来、子どもや仕事のようなかすがいを失ってもなお、カップルを維持する条件とは何だろう、その条件を具備した結婚をするためにはどうしたらいいんだろう、と。

たとえば、幸福な夫婦関係のために別居するという選択肢が盛んに報道されるようになった。夫の定年退職によって一緒に過ごす時間が突然増えることがストレスになるという話を契機に、夫婦は近くにいなければいけないという固定観念が問い直されるようになったわけだ。

今や、結婚したらハイそれで終わり、という時代じゃない。むしろ、結婚してからどうするかが問われる時代になっている。結婚がイベントじゃなくプロセスになっていると言ってもいい。

方向性は大きく分けて二つある。一つは、これまでのパートナー選びの基準、つまり職業や家柄を重視して最初の結婚をし、定年後の再婚もいとわない方向。もう一つは、一生添い遂げるという結婚イメージを重視して、定年後までを見越した新しいパートナー選びの基準をつくりあげる方向。

いずれにせよ、結婚観の大きな変容であることに違いはない。婚活とは単なる若者の遊戯的痴話ではなくて、高齢化社会における結婚観の見直しでもあるのだ。

 

「週刊東洋経済」8/9・16日合併号:親と子の相続

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング