修復不可能、不仲の2人が仲直りできる唯一の方法

「水曜日のダウンタウン」ベテラン漫才師の奇跡

ベテラン漫才コンビ「おぼん・こぼん」はなぜ超不仲を解消できたのでしょうか(写真:漫才協会公式サイト)

そのインパクトと感動は「今年いちばんの番組だった」と思わせるものがあり、「見ていない」という人は、ぜひTVerで見ることをおすすめします。

その番組は6日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)。この日は「いつ解散してもおかしくないほどの不仲が約10年も続く、結成56年のベテラン漫才コンビ、おぼん・こぼんが仲直りできるか」を追う企画の完結編が放送されました。

この企画は2年もの長期間にわたるもので、芸人仲間だけでなく、長年連れ添ったマネジャー、本人たちの娘や孫、友人らを巻き込む形で不仲解消への道が模索され、完結編も2週連続で放送。Twitterでトレンドランキング1位を2週連続で記録したほか、視聴率も大幅に上がり、「ギャラクシー賞を獲るかも」という声も上がっています。

さらに驚かされたのは、番組に感化されて、親や上司などとの不仲を解消しようとする人々がいること。実際、同番組でおぼん・こぼんに寄り添い続けたナイツが翌7日昼のラジオ「ナイツ ザ・ラジオショー」(ニッポン放送)で、それらの声が届いていることを明かし、「日本中で仲直りが起こっているかもしれない」と語っていました。

そのラジオでハリセンボン・箕輪はるかさんが「1時間の中で感情が揺さぶられまくってジェットコースターみたいだった」と評していたように、今回の番組は感動的なだけでなくエンタメ性の高いモノでした。また、それだけでなくビジネスパーソンにとっても学びになるポイントがあっただけに、「不仲を解消する方法」「絶対折れない人が折れる瞬間」という観点から解析していきます。

不仲の2人が花嫁と腕を組んで入場

放送の主要箇所をピックアップしながら、「不仲を解消する方法」と「不仲の状態が続いてきた理由」、さらに視聴者が感動させられたポイントを挙げていきましょう。

これまでの放送を振り返ると、まず2019年2月27日に「芸人解散ドッキリ。師匠クラスのほうが切ない説」という企画を放送。ところが「ドッキリから逸脱して激しい口論になる」という後味の悪い形で終わってしまいました。

そんな後味の悪さをフォローすべく5カ月後の7月3日、「おぼん・こぼんでも催眠術さえあれば仲直りできる説」を放送したものの、あえなく失敗(これは悪ノリだけに、当然と言えば当然なのですが)。その後、2年余りの月日が流れても不仲は続いていました。

次ページお互いに歩み寄りの姿勢を見せたものの
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT