「おにぎりは腸にいい」4秘訣と、意外すぎるNG具材

「あの具材がダメ?」簡単にできるコツを紹介

「アダムスキー式腸活法」にのっとって考えると、残念ながらNGとなるおにぎりの具がひとつあります。それは「梅干し」です。

【5】「梅干しのおにぎり」は実はNG
梅干しのおにぎり(写真:ai wonderlove/PIXTA)

そもそも「アダムスキー式腸活法」というのは、食べ物が腸を通過するのが「速い食品(ファスト)」「遅い食品(スロー)」に分け、スピードの違う2種類の食品を同時に摂取しないことで、「腸の詰まりを防ぐ」腸活法です。

このメソッドに従うと、「米」だけでなく、これまでに紹介した「サケ」「いくら」「昆布」「海苔」「納豆」といった具は、すべて「スローの食品」です。

それに対して「梅干し」の材料である「梅」は「果物」なので「ファストの食品」に分類されると「アダムスキー式腸活法」では考えられます。

そのため「梅干し(ファスト)×米(スロー)」の組み合わせは、「アダムスキー式腸活法」では、避けたほうがいいとされているのです。

「でも、梅干しのおにぎりが大好物、食べたい」という人のために、「NGの組み合わせを食べるときの裏技」を紹介しましょう。それは、NGな組み合わせのものを食べる前に「エキストラバージンオリーブオイル」を一口すすることです。

エキストラバージンオリーブオイルをはじめとした高品質の植物性オイルには、非加熱で摂取すると「腸の滑り」をよくする効果があるため、食事の前に一口すすることで悪い組み合わせがもたらすダメージをあらかじめ緩和することができると、「アダムスキー式腸活法」では考えられているのです。

健康は「ポジティブなイメージを描くこと」から

「食べてはいけないものがある」と思うと憂鬱な気持ちになりますが、アダムスキー博士は「意識的にポジティブなイメージを描くことが健康への第一歩」であり、「大切なのは『ファスト』と『スロー』の食品を組み合わせたときに、自分の腸内で何が起きているのかを知っていること」だと話しています。

ただ、いま「裏技」も紹介したように、普段から食事の組み合わせに気をつけ、腸の状態をきれいに保てていれば「たまには誘惑に屈してもOK」「そのときには、ダメージを緩和するコツもある」というのが「アダムスキー式腸活法」なのです。

みなさんも「アダムスキー式腸活法」を学び、おいしいものを食べながら腸の健康を手に入れてくださいね。

(医学監修:澤田幸男/医学博士、澤田肝臓・消化器内科クリニック院長)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT