ジンズCEOがメガネ並みに「前橋」に入れ込む事情

「衰退した街」の再生にアーティストが次々参画

ジンズCEOの田中氏が継承、再生を手がけている前橋市の「白井屋ホテル」は世界の名だたる現代アーティストが参画するアートホテルに生まれ変わった(撮影:今 祥雄)
この記事の画像を見る(22枚)

2021年9月17日、ブルーボトルコーヒーが群馬県前橋市に新店舗を出した。首都圏、関西圏以外では初の出店である。

でも、どうして前橋?と思う人もいるだろう。群馬県の県庁所在地ではあるものの、東京から行こうとすると高崎で新幹線から両毛線への乗り換えがあり、今ひとつ不便。ゆかりのある人でなければ、どんな街かを具体的にイメージすることは難しいかもしれない。人口30万人の中核都市であるものの、中心地のアーケード商店街はいわゆるシャッター通りで、人もまばら。お世辞にも栄えているとは言い難い。

オープン初日朝には100人以上が行列したという(撮影:今 祥雄)

だが、ブルーボトルコーヒージャパン ジェネラルマネージャーの伊藤諒氏は2020年12月に始めて前橋を訪れた時点で心の中で出店を決めていたという。いったい前橋に何があるのか。

元老舗旅館がアートホテルに

伊藤氏が訪れたのは市内中心部にある白井屋ホテル。白井屋は江戸時代に創業、旧宮内庁や森鴎外、乃木希典といった多くの芸術家や要人に愛された300年もの歴史を持つ旅館だったが、1975年にホテルに建て直され、2008年に廃業。しばらく放置されていたが、マンションに建て替えられるかもしれないという2014年に継承され、6年半という通常のホテル開発ではあり得ない、採算を度外視した時間をかけて再生された。

人気建築家、藤本壮介氏が設計した同ホテルには、レアンドロ・エルリッヒ氏や杉本博司氏など名だたる現代アーティストが作品を提供するなどして参加。今や日本有数のアートホテルに生まれ変わっている。

アートホテルとして生まれ変わった(撮影:今 祥雄)

そんなホテルを継承、再生したのは前橋市出身の起業家であり、眼鏡の製造販売を手掛けるジンズホールディングスCEOの田中仁氏。街づくりには興味がなかった田中氏だが、2010年に起業家を表彰する「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン」で大賞を受賞し、翌年に海外の起業家と交流したことで意識が変わる。海外の起業家たちは、本業はもちろん、社会貢献活動にも熱心に取り組んでおり、その姿勢に衝撃を受けたのだ。

各部屋をアーティストが手がけており、泊まった部屋によって雰囲気がまるで異なる。目当てのアーティストの部屋に泊まりたい顧客も多い(撮影:今 祥雄)

ちょうど50歳を迎える頃でもあり、会社と個人以外にエネルギーを使うほうが人生が豊かになるのではないかと考えた田中氏は2013年に群馬イノベーションアワード、2014年に群馬イノベーションスクールを立ち上げ、群馬県に起業家を生み出す活動を始める。

次ページ「何もない街」にアーティストたちが盛り上がった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT