「最高のみそ汁」、話題の腸活法で考えた簡単5秘訣

日本人なら超簡単!「たったひと工夫」でOK!

私たち日本人が毎日のように食べている「みそ汁」は、具材を変えることで毎日食べても飽きることのない腸活フードです(写真:karin/PIXTA)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワードのベスト3」に選出されるほど、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど、世界中で話題になっている。
日テレ系列「世界一受けたい授業」(5月22日放映)でも紹介され、「アダムスキー式腸活メソッド」をすべて解説した『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』は、日本でも9万部を超えるベストセラーになっており、大きな反響を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入れればいいのだろうか? 今回は、本書の翻訳を手掛けた森氏が、アダムスキー式腸活メソッドを学んで考えた「腸にいい理想のみそ汁」について解説する。

「みそ汁」は世界に誇れる「腸活料理」

今、「食べ物の組み合わせを変えるだけ」という手軽さで話題となっている腸活法「アダムスキー式腸活法」

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

実は、著者であるアダムスキー博士は、現地イタリアの読者に「腸活食材」として、ある日本の調味料をおすすめしています。その調味料とは、「みそ」。著書の中でも「Miso(みそ)」のコーナーを設けてその魅力を紹介しているほどです。

みその原料となる「大豆」には貴重な「植物性たんぱく質」が豊富なうえに、それを発酵させた「みそ」には、消化管の働きをよくし、腸内細菌フローラを健康にしてくれる「乳酸菌」がたっぷりと含まれているのだそうです。

みそを使った料理のなかでも、私たち日本人が毎日のように食べている「みそ汁」なら、一度に複数の食材を摂取することもできるので栄養のバランスもとれますし、食材の組み合わせが自由自在なので毎日食べても飽きることがありません

みそ汁は昔から日本人の腸を整えてくれている優秀な「腸活料理」なのです。「意外!腸を汚す「みそ汁」の食べ方、残念すぎる4NG」では、腸活効果を下げてしまうもったいないNGについて解説しましたが、本記事では、話題の「アダムスキー腸活法」から考えた、簡単な5つの「最高の腸活みそ汁」を紹介します。

次ページ「旬の食材」は腸にもよい!?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT