沖縄・西表島「野性が溢れる」世界遺産の島の日常

国内最大のマングローブ原生林やサンゴ礁の海

島の周囲には美しいリーフが広がる。なんだか“大野生”が巣食う島に、人がお邪魔をしているよう(写真:OCEANS編集部)
この記事の画像を見る(13枚)

目の前で次々と繰り広げられる光景。それは過去に訪れたハワイでもタヒチでも見られなかったもの。

ブラジルのジャングルや、生物多様性の宝庫コスタリカに行けば、似たような光景に出会えるのかな。そう思えるほどの生命力に、西表島は溢れていた。

大自然と言うより“大野生”。世界が認めた島

国内最大のマングローブ原生林(写真:OCEANS編集部)

カヌーでゆっくり進む勇壮なマングローブの森は神秘的で、ビーチでは数多のヤドカリが歩き、森を行けば山に生きる昆虫たちが足元にやってくる。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

サンゴ礁の海でシュノーケリングをすれば色とりどりの熱帯魚がそこかしこで泳ぎ、夜になって夜行性の生き物や星空を楽しむツアーに参加すれば、道路をヤシガニが歩き、イノシシが横切り、電線にはフクロウがとまる。

そしてガイドさんは「ハブもその辺にいますので」とのたまった。

シュノーケリングで少し潜るだけでこの光景。天然の水族館ならぬ「これぞ自然界の姿」に西表島の海では触れられる(写真:OCEANS編集部)

今回の滞在はわずかに2泊。それでも数多くの“野生”が目の前にあらわれた。剥き出しの西表島の“日常”は、圧倒されるほどにすごかった。

沖縄県の八重山諸島にある西表島は、東京から2000km、沖縄本島からも約400km離れた場所にある。むしろ台湾のほうが近い、いわば日本の端にある島だ。

夜になると野生動物の動きは活発になる。リュウキュウイノシシも道路脇にひょっこり(写真:OCEANS編集部)

人口はわずか2400人。人間活動による影響は少なく、そのため大いなる“野生”が今も息づいている。

この7月には、奄美大島、徳之島、沖縄島北部とともに世界自然遺産に登録。その背景にも豊かな生物多様性があった。

次ページ地球上のほかの地域では見られない生物たち
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT