キャンプ初心者「10万円以下」テントの選び方

軽量・耐風性・防水撥水など機能はさまざま

キャンプ初心者に、テント選びのコツと初心者におすすめのテントを紹介(写真:「OCEANS」編集部) 
空前のキャンプブーム。“今日から俺も!”と思いつつ、どこから準備すればいいのやら。そんなビギナーでもきっと失敗しない、基本の“キ”をプロが伝授。

キャンプ人気は熱を増す一方だ。日本オートキャンプ協会によれば、国内のキャンプ人口は7年連続で増加。同時に「何から買いそろえていいかわからない」とお悩みのキャンパー予備軍も増えている。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

そこで今回は、キャンプの達人として知られるスタイリスト・平健一さんと、アウトドアセレクトショップ「オレンジ」のマネージャー、堀西晃弘さんに協力を依頼。キャンプデビューにまつわる基本の“キ”を聞いてきた。

まずはビギナーにオススメの「テント」からご案内いただこう。

テント選びで押さえるべき「基本のキ」

まずはテント選びで注意すべきポイントについて。

「目的によって、選ぶべきキャンプギアや装備品も変わってきます。もちろん、テントも例外じゃありません。ファミリーやグループなら、やはり快適性の優先度が高いと思います」(平さん)。

ちなみに、テントのような大物は、安価ではないからこそ「安物買いの銭失い」にも陥りやすいのだとか。

「だからこそ、事前の下調べが大切です。もちろん、キャンプは勉強なので、多少のリスクも覚悟したほうがいい。ホームセンターなどでの購入も悪くはないのですが、やはりアウトドアショップで“安心”と一緒に買うのがオススメですね。とくにオレンジさんはベストでしょう!(笑)」(平さん)

ということで、オレンジで実際に売れ筋で、かつキャンプ初心者にも人気のテントをご紹介いただこう。堀西さん、お願いします。

次ページ入門用テントとして圧倒的な人気
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT