オートミール「美味しく食べられる」レシピ3選

2年もオートミールで「我慢できた」工夫とは

40kg減量のダイエッター直伝! ジャンクフード好きも満足する絶品オートミールレシピ3選をご紹介します(写真:kari/PIXTA)

世の常として、痩せるといわれる食事ほど味気がなく、ジャンクな食事に限って太りやすいものとされている。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

だが、この常識を覆した人物がいる。2年間で約40kgもの減量に成功した、これぞうさんである。

そんな彼が取り入れたというのが「オートミール」だ。

オートミールとは、オーツ麦を脱穀して調理用に加工したもの。食物繊維や鉄分、ビタミンがたっぷり含まれた栄養価の高いスーパーフードとして有名だが、如何せん“不味い!”のが欠点……。

どうやって2年もオートミールで我慢できたのか。その秘密を教えてもらおう。

まずはこれぞうさんにダイエット前後の姿を見せてもらった。

左が105kg、右が65kg。まるで別人(写真:「OCEANS」編集部)

これぞうさんのダイエットはシンプルだ。主食をオートミールに置き換えただけ。

「あまりの不味さに最初は挫折しました。で、これをどうにかして美味しくできないかと考えて編み出したのが、オートミールの“米化”です」。

これぞうさん曰く、ちょっとした工夫でオートミールがご飯のようになるというのだ。早速そのレシピを教えてもらおう。

用意するのはオートミール30gと水50ml

まずはオートミール30gに水50mlを回しかける。全体に水が行き渡るように箸などで混ぜたら、500Wのレンジで1分加熱。最後にほぐすと、ご飯のようになるという。

(写真左)米化したオートミール。見た目は玄米に近い(写真中)ふりかけオートミールも美味しそう(写真右)オートミールチャーハン。米化したオートミールに小口切りの小ねぎ、鶏がらスープの素(顆粒)を小さじ1、コンソメ(顆粒)をひとつまみ、ごま油少々を加えて混ぜ、卵を割って入れたあと、レンジで1分30秒加熱。仕上げにごま油と黒こしょうを振りかけて完成(写真:「OCEANS」編集部)

「ロールドオーツという粒状のオートミールと、細かく粉砕されたクイックオーツを1:1でブレンドするのがおすすめ。玄米やもち麦のような食感ですね」。

あとは、おかずと一緒に食べればいいという。ふりかけでも納豆でも、カレーパウダーでも、ジャンクでも構わない。むしろニオイが気になる人は味の濃いものと合わせるのがいいという。

次ページオートミールで改善された便秘症
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT