「iPhone 13」の選び方と使って実感した超進化

ディスプレーが「まったく新しいモノ」になった

iPhone 13 Pro(左)とiPhone 13 Pro Max(右)。いずれも新色となるシエラブルー。淡い青は緑っぽくも、紫っぽくもある独特の表情を見せる。昨年からさらに大型化したカメラは強烈な印象だ(筆者撮影)
この記事の画像を見る(5枚)

アップルが9月14日、オンラインイベントで発表した最新のiPhoneの先行レビューをお届けする。2007年に登場してから14年が経過するスマートフォンのスタンダードとなったiPhoneは、2021年にどのような提案をしたのか。また、我々はどのようiPhoneを選べばよいのか、細かく見ていこう。

画面サイズと新色は?

2020年のiPhoneはニュースが多かった。iPhone 6が登場した2014年から実に6年ぶりの大幅な意匠変更を伴うデザイン刷新と、5Gへの対応を果たし、現在も前年同期比約50%の売上高向上を伴う、iPhoneへの買い換え、乗り換え需要を大きく喚起している最中だ。

2021年モデルはシリーズを通じて、2020年モデルのデザインや外観を踏襲し、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチという3種類のサイズもそのまま採用した。5G対応も含め、昨年のiPhoneの第2世代という位置づけと捉えることができる。

リサイクル100%アルミニウムを用いたiPhoneのスタンダードモデルに5色、医療グレードのステンレススチールを用いたProモデルに4色を揃えている。特にスタンダードモデルはピンク、ミッドナイト、スターライトという新しいカラーを加え、またブルーやレッドのカラーも変更している。

今回初めて採用されたスターライトは、これまでのシルバーからの置き換えだ。真っ白な背面に、やや淡いシャンパンゴールドにも見えるカラーがつけられているモデルで、今までの白っぽいアルミそのままの色より高級感が漂う。

iPhone 13 mini(左)とiPhone 13(右)、いずれも新色スターライト。背面は真っ白なガラスだが、側面は淡いシャンパンゴールドのような表情を見せる。大型化されたカメラが、iPhone 12と見分けるポイントだ(筆者撮影)

またProモデルの特別な色は、2020年のパシフィックブルーから、2021年はシエラブルーへと変更された。昨年よりも青は薄く、やや緑が強まった、森の夜の始まりを感じさせるカラーだ。

ディスプレーのサイズは変わらないが、ディスプレーは新しいモノになっている。iPhone 13シリーズは、標準輝度800ニトと、昨年の650ニトから明るくなった。iPhone 13 Proシリーズは標準1000ニトで、昨年の800ニトからやはり向上し、屋外の日の光の下でより見やすくなった。

iPhone 13 Proシリーズにはもう1つ、ディスプレーの変更点がある。「Pro Motion」といわれるiPad Proに採用された可変リフレッシュレートの仕組みだ。

次ページ新ディスプレーからは、戻れない
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT