「大抜擢をされた男」聖徳太子はなぜ出世したのか

30歳くらいがターニングポイントだった?

聖徳太子の「抜擢」についてご紹介します(写真:哲学堂公園の聖徳太子像、BR01/PIXTA)
現代を生きる私たちの多くは、なんらかの組織に属し、組織人として生きている。そして、組織のなかで生きる以上、「人事」は無視できないだろう。もちろん、「人事」が重要なのは現代に限らない。
歴史学の第一人者たちである遠山美都男、関幸彦、山本博文の3氏が「抜擢」「派閥」「左遷」「昇進」などから歴史を読み解いたユニークな日本通史『人事の日本史』。本書から、聖徳太子の「抜擢」について紹介する。

私たちの祖先が難局に直面したとき、それを打開するために、いったいどのようにして人材の発掘や登用を行ったのだろうか。また、政府などの組織をより強力かつ円滑に運営・維持するために、勤務評定や昇進のシステムにどのような創意や工夫を加えてきたのだろうか。

さらに、「人事」をめぐって形成される派閥には、時代や集団によってどのような違いや特徴があったのだろうか。

これらの問題を時代ごとに、できるだけ具体的に解き明かしていこうというのが、本書の狙いである。このテーマを掲げて、最初に取り上げねばならないのは、やはり何といっても聖徳太子だろう。彼こそはわが国における「異例の抜擢」の確実な最初の例だからだ。

「摂政」ではなかった

後に聖徳太子と呼ばれることになる厩戸皇子が歴史に登場するくだりに関して、『日本書紀』は次のように述べている(原漢文)。

厩戸豊聡耳皇子を立てて、皇太子とす。仍りて録摂政らしむ。万機を以て悉く委ぬ。

これは、西暦592年12月、わが国最初の女帝である推古天皇(額田部皇女)が即位した翌年4月の出来事とされている。

この記述から、厩戸は実の叔母にあたる推古女帝の「皇太子」とされ、同時に政治を総裁する「摂政」に就任したのだといわれてきた。

しかし、「皇太子」(唯一の皇位継承予定者)という地位が正式に成立したのは、実はこれよりも約100年後のことである。厩戸の時代には、大王(天皇は当時まだこのように呼ばれていた)の候補者はたいてい複数名いたのであり、厩戸も有力な大王候補の1人にすぎなかった。

次ページ「録摂政らしむ」という記述
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT