「体型に合わせたスーツ」がお洒落に見えない理由

「体に服を合わせる」のは和装、スーツではNG

スーツのはじまりといえばイギリスですが、このイギリススーツの特徴といえば「きつめに仕立てられている肩幅」「小さめの襟幅」「タイトに絞られたウエスト」などの特徴が挙げられます。タイトめに仕立てられている理由は、男性の体の力強さを際立たせるシルエットを作り出すのが目的であること。イギリス紳士たちは、こういったタイトめのスーツを美しく着こなすために体を鍛えたのです。

体に服を合わせるという和装の考え方を持っている限り、いつまで経ってもスーツを着こなすことはできません。体に服を合わせるのでなく、服に体を合わせることが大切です。

「スーツ選び」と「体型維持」はセットで

オーダーで服を仕立てれば、体に合った服が出来上がるもの。確かに体に合っている服は、着ていてラクなうえに疲れにくいのは間違いありません。でもそれが同時に見栄えもすばらしいのかというと、そうとも限らないのです。

『装いの影響力 15000人のエリートを指導してわかった』(かんき出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

もし仮に西島秀俊さんや白洲次郎さんみたいな引き締まった体をしていて、その体に合わせて服を仕立てると、とんでもなく見栄えがいい服ができ上がります。

一方で、ズングリムックリの人に合わせて服を仕立てるとどうでしょう。その人は着ていてラクでしょうが、見栄えのよさという点では微妙です。体型に忠実に服を仕立てていくと、お腹の出た人はお腹が出る。猫背の人は、猫背の姿勢でもシワがないようなシルエットに仕上がってしまうのです。もっといえば、国会議員の先生が着ているスーツって高そうに見えますし、体にも合っている感じはしますよね。でも見栄えという視点ではどうでしょう。

見栄えのよさと着心地のよさは関係があるようでいて、実は相関関係はまったくありません。着ていてラクだけを追求していくと、見栄えがすごく悪くなる可能性があります。ぜひ、スーツ選びとともに、ご自身の体型維持に関しても意識されてみてはいかがでしょう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT