製作者が明かす『宇宙兄弟』の舞台裏

「ゴールデンの放映ならこの作品しかないと思った」

アニメで表現したテレビ番組という意識で臨んでいる

――題材の選び方も変わってくるのでは?

先ほどドラマに近いと言いましたが、アニメ番組というよりは、アニメーションという表現手段を使ったテレビ番組だと考えています。そして、テレビ番組として考えたときには、視聴者を退屈させないため、興味を持たせるためにどういったことが必要なのだろうか、と考えなければなりません。そのためには、ストーリーコンテンツであっても、知的好奇心をくすぐる要素がないとダメだと思うのです。

©宇宙兄弟CES2014

『宇宙兄弟』という作品は、宇宙開発を背景にしなくても、そのドラマは成り立つと思います。それこそ医者になるとか、パイロットになるといったことに置き換えられると思うのです。でも、『宇宙兄弟』では、宇宙開発の描写をリアルに描くことで、ドラマにプラスアルファ的な情報が得られる。そこが魅力だと僕は思っています。

今の視聴者は、ネットでもテレビでも情報が入ってこないと退屈してしまうと思うのです。だからテレビを見ながら、携帯をいじったりしている。やはりストーリーコンテンツであっても、情報を入れてあげないとと思うのです。ですから演出的にも、それを意識しています。たとえば『ヤッターマン』では毎週、「ドクロベー様の豆知識」というコーナーを入れていました。このコーナーを毎週見ていれば、雑学がちょっと増えるよということなのです。『ヤッターマン』であっても、そういったことは必要なのだと思います。そういった知的好奇心をくすぐるものが、今の人たちを引き付ける要素なんじゃないかと思っています。

――そのあたりの考え方というのは、永井さんのキャリア的なこともあったのでしょうか?

それはあると思います。もともと僕は情報番組やバラエティ番組からストーリーコンテンツに入っていった人間なので、逆に言うと、僕でなければそういったことは考えなかったかもしれません。それが、僕がいる価値なのだと思っている。だからアニメ業界でおかしいなと思ったことは、できるだけ言うようにしています。

©宇宙兄弟CES2014

よく「アニメだから」と言われるのですが、アニメである前にテレビ番組なのです。裏で放送されているのは、バラエティ番組だったり、情報番組だったりしますからね。そこと視聴率を争っているのに、「アニメだから」という理屈はおかしいわけですよ。そこと戦っていくためには工夫をしなければいけない。そうしないとテレビからアニメが消えてしまうのではないかと思うのです。

今の深夜アニメのファンは、子どもの頃からアニメを見て育った人たちに支えていると思います。でも、これから子どもたちがアニメを見る習慣をなくしてしまうと、いずれは深夜アニメだって成立しなくなってしまうのではないか。まずは誰もが見られるような作品を作って、アニメを見て育つ環境を作っていかないと、アニメ界が先細りになるのではないかと危惧しています。

次ページ『宇宙兄弟』の海外戦略
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT