「世界最低クラスの信頼度」菅総理、伝え方根本NG

信頼されない!言葉が響かない!最大の原因は

モーニングコンサルト社による直近の世界のリーダーの支持率を見ると、アメリカのバイデン大統領は49%、イギリスのジョンソン首相は42%、ドイツのメルケル首相は54%。

支持率20%台の菅総理は、支持率から不支持率を引いた値が調査対象の13か国の中では一番低く、「世界で最も支持されないリーダー」の一人となっています。

国民の不満の根っこにあるのは、リーダーへの「信頼の欠如」です。信頼するリーダーであれば、国民も納得し、その声に耳を傾けるはず。

では、なぜ、その信頼を得ることができないのか。ここで「信頼」を科学的に考えてみましょう。

リーダーシップに最も必要なのは「関係性構築力」

アメリカのリーダーシップ研修会社「ゼンガー・フォークマン」が、8万7000人のリーダーに行った調査でわかったのは、「信頼は3つの要素で形作られる」ということでした。

その3つとは、「①ポジティブな関係性」「②決断力」「③実行力」です。

①関係性……支持者や仲間の悩みや課題に寄り添い、協力関係を作り出せるのか
②決断力……結果を出す知見や知恵を持ち、よい決断ができるか
③実行力……約束を実行し、コミットメントを守り、一貫して言行を一致させることができるか

この3つがそろったリーダーが理想なわけですが、このうち、「最も重要な条件」とはなんでしょうか? 多くの日本人が「決断力」や「実行力」と答えるかもしれません。

実は、この3つのうち、最も必要な力は「①ポジティブな関係性構築力」だったのです。いくら決断力や実行力があっても、関係性を築けなければ、強いリーダーシップは発揮できないという結果でした。

ハーバードビジネススクール、スタンフォードビジネススクールの研究者らは論文で、「関係性を構築」するにあたって最も求められるのは「相手の感情を理解し、寄り添う力」と結論づけました。特に「ポジティブな感情」より「ネガティブな感情に気づいてあげる」ほうが信頼性は上がるのだそうです。

次ページ菅総理は国民に「寄り添って」いる?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT