「世界最低クラスの信頼度」菅総理、伝え方根本NG

信頼されない!言葉が響かない!最大の原因は

【勘違い②】「話せば伝わる」「話さなくても伝わる」と思い込んでいる

私は、これまで日本の多くのリーダーのコミュニケーションの家庭教師として、そのコミュ力改善のお手伝いをしてきましたが、「何か話せば、何かは伝わる」、もしくは「話さなくても伝わる」と思い込んでいる人が、あまりに多いことにいつも驚かされます。

「相手が受け取れないようなボールでも、数さえ投げれば、どれかは受け取ってくれるだろう」。もしくは、「ボールは投げないでも、相手は何かを察して、受け取ってくれるのでは」。そんな甘えた考え方をする人があまりに多いのです。

無味乾燥な官僚作文を淡々と読み上げるだけで、伝わるわけはない。ボディランゲージから声、表情、服装、プレゼン資料、原稿の構成・内容、何から何まで、まるで「素人」の領域では、話になりません。その「戦略性の欠如」は致命的です。

【勘違い③】「話すことは聴くこと」であることを理解していない

話すことで最も大切なのは「聴く」ことです。なぜなら、相手の話を聴き、気持ちやそのニーズを理解し、受け止め、対話をしていくことこそが「コミュニケーションの本質」だからです。

一方的に言いたいことを言うだけでは、相手を置き去りにするだけ。そういった意味で、菅総理には「傾聴力」がどこまであったでしょうか。周囲の意見、国民の意見に耳を傾け、チームとしての結束を呼びかけ、推進していく力がリーダーには絶対的に必要です。

「本気で国民と向き合う覚悟」を固めるべき

「上っ面の言葉だけで、国民にすり寄り、扇動するリーダー」よりは、「多少、口下手でも誠実なリーダー」のほうがマシ、という気もしますが、だからといって、「伝える努力」を放棄していいわけではありません

巻き返しを図ろうとするのであれば、数の力や党内政治に頼るのではなく、「話し方」「伝え方」「コミュニケーション」を変え、「本気で国民と向き合う覚悟」を固めるべきでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT