ダニが死滅する9月こそ「寝具の手入れ」の好機だ

喘息やアトピー性皮膚炎のリスクが高まる時期

9月、10月こそ寝具のお手入れに適した時期です(写真:takeuchi masato/PIXTA)
布団やカーペットの奥に潜んでいつのまにか増えているダニは、喘息やアトピー性皮膚炎などさまざまなアレルギーの原因になっています。小さなお子さんがいる家庭ではより心配なところではないでしょうか。
暮らしが本当にラクになる! ベアーズ式家事事典』を監修した家事代行サービス「ベアーズ」の副社長・家事研究家の高橋ゆきさんに効果的なダニ対策法をお聞きしました。

一番の対策法は「水洗い」

喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの原因は、7割がダニと言われています。

1年を通して室内にいるダニですが、家庭での対策にはポイントがあります。

まず、簡単にダニとアレルギーについて整理しましょう。

●ダニが大量発生する時期 6~8月ごろ(寿命は約3か月程度)
●ダニが多い箇所は、1位「寝具」、2位「カーペット」3位「ソファ」
●ダニアレルギーは、「生きているダニ」より「ダニの死骸、糞」が問題

ダニは1年中いるもので、完全な駆除は難しいのですが、1年を通して絶対に対策をしてほしい時期があります。

それは、夏場に発生したダニが寿命を迎える9月~10月です。

ダニの死骸や糞は、粉々になりとても小さな粉末になるので目には見えませんが、いわゆるハウスダスト(ホコリやダニの死骸など1mm以下の目に見えにくいもの)となって私たちの体に入り込み、アレルギー症状を引き起こします。

考えてみるとぞっとする話ですが、9月、10月の寝具、カーペットにはたくさんのダニの死骸、糞が散らばっています。

ダニは、1グラムのホコリに1000~2000匹いると言われていますので、家族の健康を守るためにも、この時期の掃除や対策は必須です。

実はダニの死骸もフンも水溶性のため、水で丸洗いするのが効果的です。
シーツ、カバーであれば90%以上、ダニアレルゲン(ダニの死骸、糞)を除去できます。

難しいのが、丸洗いできないベッドマットやお布団。

コインランドリーなどで丸洗いできるタイプのものであればいいのですが、そうでない場合はこまめに掃除機をかけましょう。

お布団専用でダニやハウスダストをよく除去してくれるタイプの掃除機などを使えると理想的です。

掃除機をかけるときのポイントは「週1回以上」、「ゆっくり丁寧にかける」こと。

しっかり掃除機をかけてダニアレルゲンを除去しましょう。

9月、10月こそ寝具のお手入れの時期なのです。

次ページ天日干しでダニを駆除できる?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT