「無収入の彼」と結婚したい女性が考えた"稼ぎ方"

「犬好き」同士知り合った2人のすごい展開

犬好き同士が結婚に至った、意外すぎる理由とは?(イラスト:堀江篤史)

犬が縁で結婚した夫婦がいる。関東地方の大企業で正社員をしながらアパート経営もしている植松育美さん(仮名、46歳)と6歳下の智也さん(仮名)だ。

Zoomでのインタビューを申し込むと画面の向こう側の2人の間にはクリクリした目の活発な幼児がいる。育美さんが44歳のときに想定外の妊娠をして出産した娘だという。

親を悲しませないように頑張っていた

「夫との2人暮らしの予定だったので今でも1LDKの部屋に住んでいます。自分たちで借金して建てたアパートの一室です。他6世帯は単身者向けです」

この連載の一覧はこちら

2人の愛犬2匹は同じ犬種で、基本的には飼い主にしか懐かない。子どもが触ると怒って危険なので、現在は智也さんの実家に預けているという。智也さんは家業の会社に入っているため、出勤すると犬に会える。育美さんも週末は犬たちを可愛がりに行く。

智也さんの両親は通算7匹もの犬を飼ってきた愛犬家だ。育美さんの犬も智也さんの実家で過ごすことには慣れている。

「私の犬は夫の犬と仲がいいわけではありません。トレーニングで絡まないようにしています。つかず離れずの距離感を保っているようです。もともとは猟犬として使われていた犬種で、飼い主には忠実だけどフレンドリーな性格ではありません」

朗らかな口調だけれど客観的かつ正確に説明してくれる育美さん。真面目な性格のようだ。特に父親が厳格で、高校時代まではテレビドラマも見せてもらえず、テストでは満点を取らないと叱られるほどだったと明かす。

「親を悲しませないように頑張っていましたが、楽しいことなんてひとつもありませんでした。夫によれば、『人生は修行だ』が私の口癖だったそうです」

そんな育美さんは大学卒業後、会社勤務という修行に没頭する。結婚願望は薄かったようだ。

次ページ人の紹介でお見合いをしたことはあるけれど
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT