参入は楽でも生き残り3割「キッチンカー」の現実

コロナ禍で増加、成功している人の共通点とは

キッチンカーもコロナに翻弄されてはいるが、参入者は増えている。

空きスペースのマッチング事業のパイオニア「軒先」(東京都千代田区)の西浦明子社長(52)は「コロナ前に比べて弊社に登録された出店者(社)は1.4倍に増えました」。

キッチンカー専門メーカー「フードトラックカンパニー」(東京都目黒区)の浅葉郁男社長(37)も、「受注したキッチンカーは、2019年が月間平均10台ほどでしたが、昨年は20台へと倍増し、今年は上半期の実績で25台です」と話し、キッチンカー需要は強いという。

有名店もキッチンカー事業に着手

グルメに知られた都内・丸の内の「東京会館」が昨年12月、「日比谷松本楼」が今年1月からキッチンカー事業に着手したことも話題となった。

人気の理由は、密を避けての飲食で、弁当・総菜を購入したい消費者ニーズにほかならない。また、経営側にとっては、初期費用、維持・運営費を安く抑えられるため出店しやすい。もし、思うような売り上げが確保できない場所であれば、即座に移動して新たなマーケットを探せる……。

主な出店場所はオフィス街や幹線道路のロードサイド店駐車場だが、新たに住宅地やタワーマンション、大型総合病院が注目されている。軒先の西浦社長がこう話す。

「コロナ前は見向きもされなかった住宅地に、いざ出店してみたら、意外とランチや総菜の需要がありました。大人数での外食がしにくい中、非日常的なキッチンカーでの買い物は、心をウキウキさせるプチレジャー感があるからではないでしょうか」

今年4月から埼玉県内で、チャーシュー丼などを販売する「ラッキーポークカー」を出店している河野英司さん(52)は昨年6月、28年間経営してきた都内千代田区の居酒屋を閉め、新たな活路にキッチンカーを選んだ。

「ラッキーポークカー」のチャーシューエッグ丼(写真:AERA編集部)

「老若男女問わず、好き嫌いが割と少なく、安価に提供できることから豚肉料理をメインにしました。曜日ごとにJR蕨駅、北与野駅の駅前と越谷市の獨協医科大学埼玉医療センターにいます」

愛車の製作は先述のフードトラックカンパニーに依頼し、厨房設備を含めて初期費用は約350万円。すべて預貯金で賄った。

「出店場所は仲介業者にあっせんしてもらっています。自分で探したこともあるのですが、条件のいい場所はすでに仲介業者が押さえているので、『餅は餅屋』に任せることにしたわけです」

出店時間は12時から20時前後。売れ行きがいいのは16時以降の総菜タイムで、1日当たり3万~5万円の売り上げという。

次ページセミナーや開業支援も数多くある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT