「六本木の高級ステーキ」運ぶタクシーの懐事情

収入減ったドライバーたちの救済策となれるか

料理を保冷バッグに入れて配送するタクシードライバー(提供:国際自動車)

宅配ならぬ「タク配」はどこまで利用を広げられるか。

国土交通省は、2020年4月にタクシー事業者の救済のために特例措置として設けたタクシーによる飲食物の配送、通称「タク配」を制度化し、10月以降も継続することにした。

配送する荷物はタクシー車両のトランクに入れるのが原則で、乗客との同時配送は認められていない。今回の制度化に伴い、タク配を恒常的な事業として確立することが可能となった。

運ぶ料理の平均単価はなんと3万円

すでにタク配に取り組んでいるタクシー事業者は一定の手応えを感じているようだ。タクシー最大手の日本交通は、都内で高級ステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス by ウルフギャング・ズウィナー」などから配送を受託。4月25日から9月末までの約5カ月間で約60店舗と提携しており、約2000件の利用があった。

日本交通の木村寛之タクシー部課長補佐によると、タク配で運ぶ料理の平均注文単価は3万円前後と高価格帯で、その配送料として3000~4000円程度を得ている。配送を受け付けるのは店舗から片道約30分圏内の距離が目安だ。

タクシー配車アプリ「S.RIDE(エスライド)」を手がけるみんなのタクシー(東京都台東区)も先行導入組の1社だ。5月から大和自動車や国際自動車などと飲食店向けフードデリバリーサービスを提供している。レストラン予約システムの「TableCheck(テーブルチェック)」や「一休.comレストラン」と連携し、都内の高級料理店およそ10店舗の料理を一律3300円で配送する。

次ページタク配リピーターの正体とは・・・
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT