気分がアガる!夏の「ランニングTシャツ」選び方

緩めジョグなら「いつもの綿Tシャツ」もアリ

暑い夏のランニングで、リラックスしながら走れるウェアといえばTシャツ。機能性からスタイリングまで、イケてる先輩ランナーの声を紹介(写真:OCEANS編集部)
この記事の画像を見る(9枚)

特別なギアも、なんなら才能や運動神経だって必要なく、誰もが手軽にできるのがランニング。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

とはいえ、気分をアゲるためには着こなしにもこだわりたい。

ということで、イケてる先輩ランナーのスタイリングから、夏ランのTシャツ選びのヒントを学んでみることにしよう。

選択① ゆるジョグなら、いつものコットンTシャツで

この暑い時季に走るのであれば、リラックスした無理のないペースで走ることは基本的な絶対条件。

となれば逆転の発想で、決してゼイハアする気にならない、いつものコットンTシャツで走るというのもアリ。

Tシャツは、NEW YORK CITYのオフィシャルアイテム(写真:OCEANS編集部)

リラックスシルエットのコットンTは「オーバーサイズだから動きやすい」というシップスの椛澤翔さん。

「全身スポーツブランドで走ることもありますが、それよりもいつものカジュアル着感覚で走るほうが今の気分です。

これはアメリカ綿を用いたライフウェア社のボディーで、厚すぎず薄すぎずの生地感が心地いい。ボトムスは化繊の機能素材がいいと思いますけど、Tシャツはこういう選択の日があってもいいのでは」(椛澤さん)。

次ページリラックスしながらのランにはコットンTシャツが最適
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT