「時速600キロ」中国独自開発の高速リニアの勝算

鉄道業界には安全性と経済性を疑問視する声も

中国中車は7月20日、時速600キロメートルで走行できる高速リニアモーターカーを公開した(写真は中国中車の公式アカウントより)

中国の鉄道車両大手の中国中車は7月20日、独自開発した時速600キロメートルで走行できる高速リニアモーターカーを山東省青島市で公開した。中国中車によれば、今回お披露目した5両編成の車両はもちろん、(浮上して走行する車両に電力を供給する)給電設備や運行管理システムなどを含めて同社が知的財産権を保有するという。

中国中車は2016年10月から高速リニアの開発に着手し、2019年にテスト車両が完成。2020年6月に上海同済大学の実験線でテスト走行を実施した後、2021年1月に全システムの開発を完了させた。

「今回のお披露目は、中国独自の高速リニアモーターカーが商用化の段階に入ったことを意味する」。中国中車の董事長(会長に相当)を務める孫永才氏は、公開セレモニーでそう胸を張った。

ただし注意すべきなのは、2020年のテスト走行時の速度は時速50キロメートルに満たなかったことだ。時速600キロメートルの高速テスト走行の実施はまだこれからである。

「車輪派」と「リニア派」で割れる意見

中国国内には、すでに営業運転を開始しているリニアモーターカーが3路線ある。上海市の磁浮示範運営線(トランスラピッド)、湖南省長沙市の磁浮快線(マグレブエクスプレス)、そして北京市の地下鉄S1線だ。それらのうち高速リニアはドイツの技術で開発された上海のトランスラピッドだけで、最高速度は時速431キロメートル。長沙と北京は時速100~120キロメートルの中低速リニアだ。

本記事は「財新」の提供記事です

近年、中国の鉄道業界や技術研究所は高速リニアの研究開発に注力してきた。だが、中国独自の高速リニアの商用化を実現するには、十分な走行距離が取れる実験線を使ったテストや検証が求められている。

また、鉄道業界内には高速リニアの安全性と経済性を疑問視する声もあり、(従来型の高速鉄道を推す)「車輪派」と「リニア派」の間で意見が割れている。高速リニアを研究開発段階から商用化の段階に進めるべきか否か、両派の議論が続きそうだ。

(財新記者:白宇潔)
※原文の配信は7月20日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT