日本にオープン化の成功例を創ってみせる

<動画>WiLが目指す"日本改造計画"

伊佐山元●1973年2月、東京都生まれ。1997年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)に入行し、2001年よりスタンフォー ド大学ビジネススクールに留学。2003年より、米大手ベンチャーキャピタルのDCM本社パートナーとして、シリコンバレーで勤務。 2013年に株式会社WiLを共同創業。シリコンバレー在住のまま、日本の起業家、海外ベンチャーの日本進出を支援することで、新しいベンチャー育成の仕組み構築を模索する。(撮影:梅谷秀司)

「日本は世界で、まだまだ過小評価されている」。

WiLの共同創業者CEOの伊佐山元氏は、こう力説する。東京大学法学部を経て日本興業銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)に入行、その後、スタンフォード大学ビジネススクールに留学し現在に至るという、まさに“日本”と“シリコンバレー”の両方を股にかけたキャリアを築いてきた人物だ。

そんな中で伊佐山が痛感したのが、日本人の秘める可能性だった。「これほど有給休暇もなげうって働く人種は珍しいし、一つのゴールに向かうたぐいまれな勤勉さもある。一方で、これをどうやって解放するかが、日本の抱える課題だ」。

各企業内で完結していたヒト、モノ、カネを解放し、新たなビジネスチャンスにつなげる。それが伊佐山らが立ち上げた投資会社WiLの目標である。

倉庫に眠っている技術をビジネスに

13年12月にはWiLが中心となり、約3億ドルの資金を有する国内最大規模のベンチャー投資ファンドを組成。ソニー、日産自動車、全日本空輸など、大手企業が10社以上出資している。

WiLが目指すのは、単に投資ファンドとして成長することだけではなく、大企業とベンチャーをつなぎ、日本企業の外部を巻き込んだ技術革新、つまりオープンイノベーション化を加速させることだ。「WiLは各社にちょっとずつ資金を出してもらっている連合の研究所。器ができれば、企業の倉庫に眠っている技術をWiLに投げてみる、そこからビジネスとして世の中に出てくる、という流れができるのではないか」。

伊佐山は「大企業に入り込んで、巻き込んで、成功例を作りたい」と意気込む。WiLはいかにして日本企業のオープンイノベーション文化を築こうとしているのか。その展望を聞いた。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。