懸命にやっても、伝わらなければナッシング

起業家対談 ライフネット出口治明×PlayLife佐藤太一

出口 治明 (でぐち はるあき)●1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2013年6月より現職。

「子育て世代の保険料を半額にしたい」「『生命保険はむずかしい』と言われる時代を、終わらせたい」。

今では有名になったが、ライフネット生命の出口治明会長兼CEO(66)が、「還暦スタートアップ」を決意したのは2006年のことだ。

あすかアセットマネジメントの谷家衛氏が出口氏の高い志に賛同、岩瀬大輔社長(38)を紹介。その後、多くの協力者が出口会長や岩瀬社長の掲げるシンプルなビジネスモデルに共鳴、2008年に同社は産声を上げた。

ライフネットのわかりやすいビジネスモデルは顧客に支持され、2012年3月には東京証券取引所マザーズ市場に上場。営業開始から6年弱の今年2月には、保有契約件数も20万件を突破した。この4月からは主力の2商品を見直し、開業後初めて保険料を引き下げるともに、女性向け終身医療保険も新たに発売。

例えば、定期死亡保険(30歳男性、保険期間・保険料払込期間10年、保険金額1000万円)なら、月額保険料は1230円。終身医療保険(30歳女性、入院給付金日額5000円、保険期間・保険料払込期間は終身、保険金額1000万円)なら、月額保険料は1776円だ。同社はこのシンプルさを武器に、第2ステージに入りをめざす。

佐藤 太一● さとうたいち 青山学院大学国際政治経済学部、早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了。外資/国内コンサルティングファーム、株式会社DeNA経営企画本部、アクセンチュア株式会社経営コンサルティング本部を経て、人生を遊び倒す世界を創るためにPlayLife株式会社を設立。

一方のPlayLife(プレイライフ)。2011年、大手有名コンサル会社で働きづめだった佐藤太一氏(32)は、駅のホームでバタリと倒れてしまう。

死の恐怖がよぎった時、人生の幸せとは、おカネでも、地位でも、名誉でもないことに気付いたのだという。

「どうせ死ぬのなら、それこそ遊び倒すほど遊んでから死にたい」。それが起業につながった。人生を120%楽しむための「あそび」のポータルサイト、「プレイライフ」をつくり、スタートアップしたのは2013年6月のことだ。

次ページスタートアップの悩みに、出口会長が答える
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。