夏に降る突然雨は「もともと雪だった」意外な事実

氷の塊「ひょう」が降る理屈も説明できる

雷を伴う積乱雲は、雷雲とも呼ばれます。雷は「落ちる(落雷)」といますが、実は雷は一瞬の間に電気がせわしなく上下に流れるものなのです(雷スロー動画はこちら)。

夏の積乱雲の中では、氷の粒同士がぶつかるなどして電気を帯びます。雲の上昇気流や氷の粒の落下によって粒が上下に移動し、電気にかたよりが発生。すると、積乱雲が上から下に正・負・正の電気がかたより(三極構造)、負の電気がその下の正の電気をなくして枝分かれしながら地上に向かいます(ステップトリーダー)。

これが地上からのびる正の電気とつながると、地上から一気に正の電気が流れ(帰還雷撃)、そのすぐあとに雲から地表に負の電気が流れます(ダートリーダー)。1回の落雷にかかる時間は、約0.5秒。しかしこの間に何度も上下に電気が行き来しているのです。

(出所:『すごすぎる天気の図鑑』)

また、雷は、積乱雲の真下に落ちることが多いのですが、実は積乱雲の近くで雨の降っていないところにも落ちます。積乱雲の広がりは、横方向に数km~十数km程度と短く、雨の降る範囲もごく限られているため、積乱雲が上空を通過して晴れ間が見えてくるのにさほど時間はかかりません。

こうなると「屋外はもう安心!」と思うかもしれませんが、雷の音が聞こえる場所ではまだ落雷の危険性があります。雷の音が聞こえる間は、建物や自動車の中に避難するようにしましょう。

天気とうまく付き合うための秘訣

天気の急変が起こりやすい暑い夏。天気とうまく付き合っていくためにみなさんにおすすめしたいのは、気象庁のナウキャストなどレーダーの雨量情報をこまめにチェックすることです。

『空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑』(KADOKAWA)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

レーダーの雨量情報はスマホでウェブ検索するとすぐに閲覧できます。また、各気象会社のアプリなどでもだいたい気象庁のレーダーを使っていますし、独自のレーダーを使っていても見ている雨雲は同じものなので見え方もだいたい同じです。自分にとって使いやすいアプリなどを事前にチェックしておくといいでしょう。「突然降ってきた!」と思った雨でも、だいぶ前からレーダーで見えていることが実は多いのです。

夏の晴れた日は夕方にかけて大気の状態が不安定になり、積乱雲が発生しやすくなります。急に暗くなったりしたら注意が必要です。

一方で、積乱雲による夕立のあとの東の空では、きれいな虹に出会えることもあります。この虹も、レーダーの雨量情報を使って雨雲が通り抜けるタイミングを見計らって太陽と反対側の空を見上げれば、狙って出会うことができるのです。

レーダーの雨量情報をうまく使い、不安定な夏の天気とうまく付き合っていきましょう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT