子どもの弱点が「親の思い込み」かもしれない理由

人に迷惑をかけず時代や社会に順応できるならOK

親から見た、子どもの「問題行動」がすべて問題かどうかはもう少しよく考えてみる必要があります(写真:ノンタン/PIXTA)
将来子どもが困らないように、どのような子育てをしたらいいのか悩んでいる親は多い。しかし、案外子どもたちは普段の遊びやいたずらなどの行動から、生き抜く力を自然に身に付けていくものだと主張するのは、『お母さんが知らない伸びる子の意外な行動』の著者・齋藤浩教諭。本書より子どもの能力を潰さず、伸ばしていくための親子の接し方・関わり方を解説します。

子どもの能力は意外なところで伸びている

雨の日に外を歩いていて、母親と子どもが手をつないで歩いているのを見かけました。やがて、子どもは母親から手を離しました。何をするのかなと思っていると、しばらく先にある水たまりに入っていったのです。

「もう、何してるの? 濡れるじゃない!」

注意したときには、すでに子どもは水たまりを通過しています。母親からすると、洗濯物が増えるのを避けたいところでしょう。一方、子どもからすると、

「あっ、水たまりだ。面白そうだな」

好奇心からついつい入ってしまったのです。

母親としては、水たまりを見つけたらちゃんと迂回し、濡れないようにする子をよしとしたいものでしょう。でも、私の考えは少し違います。濡れないようにしてほしいというのは親の都合で、子どもには水たまりが濡れる危険性のある対象ではないからです。言うなれば、遊園地のジェットコースターのようなものでしょう。

「ちょっと怖いけど、試してみたい」

そんな心情でしょうか。もしかしたら深いと思われるところに足を踏み入れるのは、チャレンジ精神につながると考えます。

チャレンジすることとは、リスクがあっても向かって行ったり、時に立ち止まったりすることです。そんなとき、子どもの心の中は冒険心で満ちあふれていることでしょう。

子どもは遠回りし、一見非効率なことに熱中し、大人からしたらどうでもいいことにこだわるものです。大切なことは、洗濯などあとの面倒くささや効率を重視しない姿勢です。

次ページ育てにくい子に困る母親に知ってほしいのは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT