大谷翔平への無責任な「差別発言」から学べること

黒人コメンテーターが犯してしまった間違い

エンゼルスで大活躍する大谷選手にアメリカ人コメンテーターが言い放ったこととは(写真:hearon W. Henderson /Getty Images)

「通訳を利用しているので、野球の顔とは言えない」。

7月13日、アメリカのスポーツ専門チャンネルESPNの人気コメンテーターのスティーブン・A・スミスはアメリカ大リーグ(MLB)でセンセーションを巻き起こしている大谷翔平について、朝の番組「ファーストテイク」でベーブ・ルースと比較してこう言い放った。

「興行収入の面から害を及ぼしている」

「リアル二刀流」として先のオールスターにも出場し、アメリカでも高評価を得ているロサンゼルス・エンゼルスの大谷の功績については多くを語る必要はないだろう。だが、その大谷ついてスポーツジャーナリストでもあるスミスはこう続けた。

「野球は、参加という観点では国際的なスポーツだと思う。だが、テレビや球場に引き寄せられる観客について言えば、ナンバーワンの男がこの国で何を言っているのか理解するのに通訳が必要というのは、実際に(野球を)見てみたいと思わせるのに役に立たないのではないか」

スミスはさらにこうも言った。

「英語を話さない、通訳が必要な外国人選手がいるという事実は、興行収入の面から、試合にある程度の害を及ぼしていると思う」

スミスは日本では馴染みのない名前かもしれないが、アメリカのスポーツ分析に関して、彼ほど広く知られ、評判のいい黒人のスポーツ解説者はいない。人種に関係なく業界のトップに名を連ねる1人なのだ。私は、長い間彼のファンだし、「ファーストテイク」の番組のファンでもある。情報量が多く、スポーツ分析も面白いのでこの番組に注目をしていたのだ。

しかも、スミスは私の故郷であるニューヨーク市の出身で、私と同じ環境と世代の影響を受けた人物である。だからこそ、彼の「オオタニサン」に対する発言が、どこにでもいる黒人男性ではなく、私の尊敬する黒人の男性の口から出たのを聞いた時、とてもショックで残念だった。

次ページスミスによる謝罪は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT