大谷翔平への無責任な「差別発言」から学べること

黒人コメンテーターが犯してしまった間違い

私自身もスミスがESPNをクビになる必要はないと思うが、これでこの問題が片付けられてしまうのは非常にもったいない。ここで必要なのは、今回の件を受けて私たちが何を学べるか、である。

まず私たちが学べることは、言葉には「毒」があるということだ。言論の自由は民主主義にとって重要であり、破ってはならないが、目的にかかわらず、言論はいい結果となることもあれば、酷(ひど)い結果となることもあると認識しておかなければならない。

話し手が、自分が望むように話すのは自由だが、節度ある範囲内で、話した内容に毒があるかどうか、責任を持つべきである。言葉は公民権付与の前提条件であるべきだと提案することは、問題があるとしか言いようがない。アメリカでは、黒人や貧しい白人に対してさえ、投票権を与えないために言葉が利用された時代があった。差別を助長することは、遠回しであっても、危険である。

母国語が話せない外国人が害を及ぼす?

ヘイトスピーチは、乱暴かつ明白に伝わってしまう可能性があり、こうした発言は頭蓋骨を殴る野球用バットのような鈍器に等しい。発言が夏のそよ風のように穏やかに伝えられても、事態を悪化させるだけで、その後に来る台風のように害になることがある。どのような形であれ、私たちは毒のある言葉に気を付けなければならない。

今回のように「外国人が母国語を話さないから害を及ぼす」と示唆することは、外国人に恐怖を植え付ける、あるいは外国人の権利を奪い軽んじる明らかな試みだ。移民であり、日本語が母国語ではない私自身、この問題は厄介なレトリックであることがわかった。

もう1つ学べることがあるとすれば、この地球上のすべての人と同じように、黒人の信念は私たちの肌の色と同じくらい多様だということだ。だが、黒人の経験を持つ私たちには、どれだけ成功しようと、社会的な地位を獲得しようと、安全な場所に身を置けるようになろうと、アメリカにおける従来の考え方や価値観を共有できる贅沢はない。なぜならアメリカには人種差別的な構造に基づいた「カースト制度」が残っており、従来の価値観はどうしても人種差別的な偏りがあるからだ。

次ページ嫉妬心が人種差別的な行いにつながっていないか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT