大谷翔平への無責任な「差別発言」から学べること

黒人コメンテーターが犯してしまった間違い

エンゼルスで大活躍する大谷選手にアメリカ人コメンテーターが言い放ったこととは(写真:hearon W. Henderson /Getty Images)

「通訳を利用しているので、野球の顔とは言えない」。

7月13日、アメリカのスポーツ専門チャンネルESPNの人気コメンテーターのスティーブン・A・スミスはアメリカ大リーグ(MLB)でセンセーションを巻き起こしている大谷翔平について、朝の番組「ファーストテイク」でベーブ・ルースと比較してこう言い放った。

「興行収入の面から害を及ぼしている」

「リアル二刀流」として先のオールスターにも出場し、アメリカでも高評価を得ているロサンゼルス・エンゼルスの大谷の功績については多くを語る必要はないだろう。だが、その大谷ついてスポーツジャーナリストでもあるスミスはこう続けた。

「野球は、参加という観点では国際的なスポーツだと思う。だが、テレビや球場に引き寄せられる観客について言えば、ナンバーワンの男がこの国で何を言っているのか理解するのに通訳が必要というのは、実際に(野球を)見てみたいと思わせるのに役に立たないのではないか」

スミスはさらにこうも言った。

「英語を話さない、通訳が必要な外国人選手がいるという事実は、興行収入の面から、試合にある程度の害を及ぼしていると思う」

スミスは日本では馴染みのない名前かもしれないが、アメリカのスポーツ分析に関して、彼ほど広く知られ、評判のいい黒人のスポーツ解説者はいない。人種に関係なく業界のトップに名を連ねる1人なのだ。私は、長い間彼のファンだし、「ファーストテイク」の番組のファンでもある。情報量が多く、スポーツ分析も面白いのでこの番組に注目をしていたのだ。

しかも、スミスは私の故郷であるニューヨーク市の出身で、私と同じ環境と世代の影響を受けた人物である。だからこそ、彼の「オオタニサン」に対する発言が、どこにでもいる黒人男性ではなく、私の尊敬する黒人の男性の口から出たのを聞いた時、とてもショックで残念だった。

次ページスミスによる謝罪は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT