東大教授が教える「世界が求める頭の良さ」の定義

ネオヒューマンが示す「汎用的」な問題解決力

闘ってみてどうなるかなあ、なんて思っていては闘えません。彼には、これまで未踏の領域を切り拓いてきた「自信の蓄積」がある。いつも自信がみなぎっているからこそ、つねに難局に向かえるんですね。この本は「自信をどうつけるか?」がテーマの本だと言ってもいいと思います。

研究者の中で、彼のようなところまで達する人はなかなかいません。研究の中でいちばん大きな壁は、お金の問題です。そして、研究成果を発表しても、それが社会で認められ、使われるかどうかという壁もあります。

それができるピーターさんは、ある種の天才でもありますね。芸術的素養もあり、文才もある。人を惹きつけるスピーチもできるし、いろいろな問題解決のアイデア、工夫が思い浮かぶ。レオナルド・ダ・ヴィンチのような万能さがありますね。

やりたいことを徹底してやろう

ダ・ヴィンチのような天才は、今でも時々出てきていますが、やはり、昔よりは少なくなったのではないかと思います。

その原因の1つは、受験のシステムでしょう。親が天才児を東大に入れたいと考えて、「余計なことはせずに受験勉強だけをしなさい」と仕向けてしまうのです。これは世界的に起きている現象です。

すると、真面目な子どもはそれに従ってしまい、普通の学校教育に適したものにしか対応できなくなります。その結果、本来、その人が発揮できるはずだったさまざまな才能の芽が摘み取られてしまうのです。

ピーターさんのように、「なにがなんでもやってやる」という意志を持っていれば突破することができますが、それがないと、親や教師に従うだけになります。

やはり、子どものときに、やりたいことを徹底的にやらせなければダメなんですよ。東大生には、やりたいことを捨てて育った学生が多くいます。本当にもったいない。

そういう視点から見れば、ピーターさんには、まず、同性愛者であるという、どうしても我慢のできない、覆い隠すことができない欲求があった。それを子どものころ、自分の中に見つけた瞬間に、「周りの人の意見を聞いていては、生きていけない」という強いものが生まれたわけです。そこから舵を切り、彼は人生を大きく変えていった。

ですから、誰しも自分の中に、何らかの強い欲求を見つけることができれば、彼のような人間に育っていくことができるかもしれません。

本当は、みんなにそういうものがあるはずなんです。セクシャリティの話だけではなく、好きな学問でも、芸術でも、なんでもいい。でも、そういうものを持ってはいけないという教育をしてしまうと、抑えられてしまいます。

しかし、日本も最近、いいなと思うことがあります。

次ページ「良い子」ではない若者こそ、日本の希望だ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT