国際的な金融規制強化、経済危機に拍車をかける副作用の面を軽視するな


 有澤氏は世界恐慌下で国内に鬱積する不満に対応するために当時の独政府が行った政策発動が、海外からの資本引き揚げと、それによる国内大手銀行破綻を誘発した経緯について、「(独政権の発想が)あまりにもナイーヴ」だったと論破している。

ひるがえって、現在、打ち出されつつある金融規制の多くは、欧米各国の政府が金融危機対策などで国民からの強い批判を浴びていることと無縁ではない。なんとなく、一連の金融規制にはナイーヴさすら感じる。

わが国は欧米諸国に比べると、金融危機の度合いははるかに浅い。ないに等しいといっても過言ではないほどにフリーハンドである。ぜひとも、金融サミットでは金融規制の負の部分への警鐘を鳴らしてほしい。

(シニアライター:浪川 攻 =週刊東洋経済2010年6月5日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング