国際的な金融規制強化、経済危機に拍車をかける副作用の面を軽視するな


 有澤氏は世界恐慌下で国内に鬱積する不満に対応するために当時の独政府が行った政策発動が、海外からの資本引き揚げと、それによる国内大手銀行破綻を誘発した経緯について、「(独政権の発想が)あまりにもナイーヴ」だったと論破している。

ひるがえって、現在、打ち出されつつある金融規制の多くは、欧米各国の政府が金融危機対策などで国民からの強い批判を浴びていることと無縁ではない。なんとなく、一連の金融規制にはナイーヴさすら感じる。

わが国は欧米諸国に比べると、金融危機の度合いははるかに浅い。ないに等しいといっても過言ではないほどにフリーハンドである。ぜひとも、金融サミットでは金融規制の負の部分への警鐘を鳴らしてほしい。

(シニアライター:浪川 攻 =週刊東洋経済2010年6月5日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT