五輪は本当に可能?分科会委員が語る議論の真相

政府の感染症対策に精通する岡部信彦氏に聞く

「どっちかというと、協議会あるいは組織委員会のほうは選手や関係者の感染対策が中心になる。選手が入国してくるときにやれる話、競技に関係する人の話、選手村を中心とした選手プラスアルファの人たちが、感染源とならないように、またそこから広がらないように、それから競技がもとで広がらないようにという話はした。だから、そこでできあがってきた『プレイブック』はよくできていると思うんですよね。

ですから競技会場に、国立競技場にみんなやって来ました、としても、そうした中では感染は広がりにくいと思う。行動を制限しているし、観客も制限がかかっているから、広がりづらい。

だけど、その観客の人たちが電車や新幹線などに乗って移動して集まったとき、どういう行動をとるか。会場の周りで集まって、楽しんだり、騒いだり。そういうことをしたとき、あるいは地方でそういうことが起きたときにどうなるのか。感染症対策として競技会場の外のことはあんまり組織委員会として検討してやっていることは少ないんですよね。

そうすると、それは主催者というか、競技を提供する側としての東京都であり、自治体だと思うのですが、その部分が不十分だった。そこのリスク評価をとくにおぎなったのが『提言書』であるとも言えます」

競技会場に集う人々にまで対策は広がっていない

アスリートファーストで、選手の感染症対策には主眼が置かれたとしても、競技会場に集う人々にまでその対策は広がっていない。だとしたら、周辺の感染症対策を主催者が検討する、もしくは国が専門家に諮問すべきではなかったのか。

「それは諮問する側に聞いていただきたい」

岡部はそう言った。

「『提言書』はどちらかというと、国内全体の感染症として見た場合、どういう影響を与えるか、こういうことをした場合にはリスクが高まるので、こういう制限が必要ではないか、となっている。

有志で勉強会をしている中でも、誰に向かって提出するのがいいのか、議論はだいぶやりました。ああいう形で提言して、尾身さんが橋本(聖子・大会組織委員会会長)さんに持っていく。西村(康稔・経済再生担当大臣)さんにも手渡して政府に説明している。

国の審議会は形式上、諮問に対して答申する。もちろんそれに付随していろんな課題も出る。しかし分科会、アドバイザリー・ボードなどは、コロナ対策は行うが、オリンピックをどうするかという会議体ではもともとない。話題には当然なるが、オリンピックそのものがテーマではないから、当然メインの課題にはならない。

それから、分科会のなかには、経済界や労働界の代表の方もおられる。自治体の代表者であるとか、いろんな分野の人が総合的に考える。さっきのスポンサーではないけれど、経済的なメリットでオリンピックのことうんぬんとか、意見としてまとまりづらいところがある。だから、感染症対策として特化して、感染症対策として提言書がまとめられた」

(文中敬称略、後編<7月8日配信予定>に続く)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT