クリス・ヒューズ、若きミリオネアの野望

オバマを大統領にした、ソーシャル界のレジェンド

また、2012年にスタートして以来、人気急上昇の米バイラルメディア「Upworthy(アップワーシー)」にも出資し、役員として籍を置く。バイラルメディアとは、ソーシャルメディア上で拡散する、ビデオなどのコンテンツを扱うサイトのことだ。たとえば、ハリウッドスターがユーモアたっぷりにニューヨークのホームレス児童への寄付を訴えるチャリティービデオなど、共感度が高いコンテンツを紹介し、大きな反響を呼んでいる。

ヒューズ氏の野心は、とどまるところを知らない。

「現状に甘んじないこと。大胆に考え、夢見ること。前進するにはそれしかない」。同氏は、エルムハースト大の講演会をこんな言葉で締めくくった。そして、フェイスブックが月刊12億人のアクティブユーザーを抱えるまでになった第一の理由として、「desire to succeed at scale(成功への大いなる切望)」を挙げる。

「ITの新しい波と成功への期待、野心が一つになれば、20億人に上る世界のネット市場に、たちまちにしてアクセスできる」

テクノロジー領域には、夢をつかむ機会が多い

まだ30歳と若く、今後のさらなる活躍が注目されている(写真:ロイター/アフロ)

シリコンバレーに複数のベンチャー企業を興し、現在はIT起業専門家として知られるビベック・ワドワー氏は言う。「ヒューズ氏は、ソーシャルメディア革命で大きな利益を手にした。だが、今や世界を変え、幸運をつかむ機会は、それにとどまらない。ロボット工学や人工知能、3Dプリント(3次元印刷)。今の若者には、急速に進化するテクノロジーという大きな強みがある」。

世界の貧困や食糧危機などの解消に向けて最先端テクノロジーを教えるシンギュラリティー大学(シリコンバレー)で研究監督も務めるワドワー氏は、次のようにも言う。

「こうしたテクノロジーを学んで新たな分野に応用し、人類が直面する難問を解決すれば、明日のヒューズやザッカーバーグになれる」

今でもアメリカンドリームは健在だ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。