ウォール街は、法改正による規制だけでなくカジノ的体質の改善こそ必要

米国連邦議会は、1930年代の大恐慌以来、最も抜本的な金融制度改革の最終的な仕上げの段階に入った。

しかし、どんな法改正よりも大事なのは、世論だ。過去20年間にわたり、強欲とリスクの度合いを高める行動が徐々にウォール街(米国金融界)を支配するようになり、2008年に世界の金融システムを危うく破壊しそうになった。世論は、この体質の改善を求める方向へと変化してきている。

画期的なデリバティブ規制

法改正の大筋は明らかだ。

(1)デリバティブ取引に関する「クリアリングハウス」(決済機関)を設け、ミステリアスでリスクの高い取引の透明度を高める。現状では、企業自身が財務諸表の中で情報を開示しないかぎり、デリバティブ取引の収益性に関する情報は入手できない。デリバティブ市場は、98年の29兆ドルから現在は500兆ドルを超えるまでに拡大した。にもかかわらず、トレーダーのリスク・エクスポージャー(リスクにさらされている度合い)は、誰もわからない。証券取引委員会(SEC)が証券ブローカーおよび取引を規制することによってデリバティブ取引を規制する、という案が提唱されている。

(2)破綻した巨大銀行に対する処理権限。連邦議会は、税金を使って破綻銀行を救済し生き残らせるよりも、むしろ規制当局の権限を強化し、銀行自身の出資による特別基金を活用することにより、破綻した巨大銀行を清算する方向へと傾いている。

(3)銀行がリスクの高い資産取引に携わる機能を制限し、ヘッジファンドやプライベート・エクイティ・ファンドを所有したり、出資したりすることを禁止する。そうすると、米国の金融制度はある程度、グラス・スティーガル法の時代に戻ることになる。同法は、商業銀行と投資銀行とを厳格に区別するものだった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT