「民主」に寄りかかって国際政治を図る危うさ

G7首脳会談で見えた中国の存在感とG7の黄昏

イギリスで開催された2021年のG7サミット。対中政策で歩調をそろえたかに見えるが……(写真・Bloomberg Finance LP)。

2年ぶりに対面で開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)は、米中関係を「民主主義vs専制主義」と見なすアメリカのバイデン大統領の主導で、「専制中国」に対抗して民主主義国家が団結する構図を演出した。日本のメディアや識者もその対立軸に飛びつき、「専制」を代表する「ヒール(悪役)」として中国を描く。専制に比べ「民主」とはなんと心地よく耳に響き、正義と善に満ちた言葉か。ほとんどユートピア(理想郷)の代名詞のように使われ、抗い難い「魔力」すらある。だが「民主vs専制」から世界を切り取る乱暴な二元論は、実態を見失いかねない危うさに満ちている。

中国の「ワクチン外交」に対抗心むき出しだった

まずG7首脳会議を振り返る。首脳声明は、アメリカと日本が強く主張した台湾情勢をはじめ香港、新疆ウイグル問題で、自由と人権への尊重を求める文言を盛り込んだ。メディアは「G7『民主主義団結』鮮明 対中国、宣言に『台湾海峡の安定』などと、中国をネガティブな存在にすることによって、G7が団結する構図を描いた(「G7『民主主義団結』鮮明 対中国、宣言に『台湾海峡の安定』」朝日新聞夕刊2021年6月14日)(https://digital.asahi.com/articles/DA3S14938845.html)。

一方、新型コロナ感染が止まらない世界へのポジティブなメッセージとして(1)2022年にかけ10億回分のワクチン供与、(2)途上国へのインフラ投資、を打ち出した。だがワクチン供与は、中国の「ワクチン外交」に対抗する思惑がむき出しだし、インフラ投資に至っては中国の「一帯一路」の後追いに過ぎない。

日米をはじめ先進7カ国が束にならないと、中国に対抗できないのかという印象を拭えなかった。しかも2つともG7の資金配分は不明であり、実効性には疑問符がつく。1973年のオイルショックを機に、世界資本主義の「金持ちクラブ」としてスタートしたG7は今や、中国の政治・経済力を前に「斜陽クラブ」と化したかのようだ。

肝心の対中批判もすんなり決まったわけではない。フランスのマクロン大統領が「G7は中国敵対クラブではない」と明言するように、「戦略的自律」を掲げるフランスやドイツ、イタリアは当初、台湾の宣言盛り込みには消極的だった。

次ページ首脳間で激論となった対中スタンス
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT