G7初陣の菅首相、「五輪開催支持に安堵」でよいか

サミット帰国後に相次いで迫られる「決断」

イギリスで開かれたG7サミットで、イギリスのエリザベス女王(左から5人目)を囲む各国首脳。菅義偉首相(左から3人目)の存在感の薄さも目立った(写真:AFP=時事)

コロナ禍の中、2年ぶりの対面での先進国首脳会議(G7)がイギリスで開催された。菅義偉首相にとっても初めてのG7首脳との対面マルチ協議で、主目的だった東京五輪・パラリンピック開催への支持取り付けに何とか成功し、菅首相周辺には安堵が広がっている。

最大の焦点だった中国の軍事的拡大主義への対応についても、菅首相がバイデン大統領を後押しする形で首脳宣言での初の台湾明記にこぎつけた。政府与党内では、菅首相に付きまとってきた外交手腕への不安が「かなり払拭された」(政府筋)との声もあがる。

ただ、G7の首脳同士のさまざまな公開セッションでは、小柄で感情表現も控え目な菅首相が、各首脳の会話の輪に入れない場面も目立った。「初参加という点を割り引いても、先進国首脳としての存在感はかなり薄かった」(外交専門家)との指摘も少なくない。

写真撮影では「陰」の存在に

菅首相としては、五輪開催へのG7のお墨付きを得たことで帰国後の国内政局での主導権を強め、内閣支持率の挽回を狙う。しかし、17日にも最終決断を迫られる緊急事態宣言の解除手続きなどで迷走すれば、五輪開催の可否に絡めた政権批判が拡大する不安もぬぐえない。当面はG7出席の余韻に浸る余裕はなさそうだ。

今年のG7サミットは、イギリス南西部の保養地・コーンウォールで6月11日から開催された。コロナ対応のため同行する政府高官や記者団の数も制限され、コロナ禍前のようなお祭り騒ぎの雰囲気はなかった。

国際舞台への初登場となる菅首相は英語が不得手で、各首脳との当意即妙の会話は難しかった。パフォーマンスも苦手で、写真撮影でも多くの首脳の陰に隠れる場面が目立った。

一方、10日深夜(現地時間)に現地に到着した後は、議長役であるイギリスのジョンソン首相を手始めに、精力的に各国首脳との個別会談をこなした。バイデン大統領以外は対面での会談は初めてだったが、「すぐ打ち解けて、会話が弾んだ」(外務省筋)ことで、「首脳交流での個人的信頼関係の構築でも成果があった」(同)とされる。

次ページ東京五輪開催への支持を訴え
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT