「無意識の偏見」があのテレビCMの炎上を招いた

男は男らしく、女は女らしくは、全くの幻想だ

企業や自治体が宣伝する、CMやウェブ、ポスターは、ジェンダー問題の扱いを誤ると、あっという間に炎上する時代になった(写真:タカス / PIXTA)

「無意識の偏見」(アンコンシャス・バイアス)は危うい--。

企業のテレビCMやPR動画が、“炎上”する事例が増えている。ネットの普及もあって、視聴者の不快感に賛同・共感する、規模もスピードも増幅。またかと思いながら見ていると、ジェンダー(社会的な男女の性差)の観点から、いくつかのパターンがあることに気づいた。

あるターゲット層を明確にして、訴求することを目指したCMは、制作者の意図を浮き彫りにしている。そこでは男らしさや女らしさ、家庭のあり方が表されており、失敗例も少なくない。

過去の炎上CMは大きく4類型にパターン化される。図では、縦軸に“商品の訴求対象”を取り、上に「女性」、下に「男性」を置いた。横軸には“炎上ポイント”を取り、右に「性役割」、左に「外見・容姿」を置いている。問題視されてきたCMは、ほぼこのどれかに当てはまっている。

手作り料理が”母親の愛情”の証しなのか

第1象限は、訴求対象が「女性」で、炎上ポイントが「性役割」。例えば食品メーカーで、女性を応援したつもりなのに、実は性役割分業の押し付けと批判されたものである。男性の不在を前提に、家事育児に追われる女性を描き、炎上してしまうパターンだ。

本記事を収録した『週刊東洋経済』6月7日発売号の特集は「会社とジェンダー」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

ここで挙げるのは2012年に発表された味の素の企業CM。

テーマはあるお母さんの一日。朝、子どもたちの朝食と弁当を作るところから、保育所に送り、自分は通勤・就業した後、お迎えに行き夕食を作るところまで、映像が流れている。ご飯を作るお母さんの苦労に「ありがとう」とエールを送るCMである。

これにはもちろん肯定的な意見もあった。だが、なぜご飯を作るのがお母さんの“ワンオペ”なのか。なぜ手作り料理が母親の愛情の証しになるのか。

次ページ年齢を区切り、かわいさを押し付け?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT