なぜか「常連が多い店」がやっている5つのこと 顧客に愛される店はいったい何が違うのか

印刷
A
A

④定期的にお便りを送る

メールやLINEではなく、ハガキで、それも手書きでお便りをくださる販売員の方は、とても印象に残るものです。

購入して数ヶ月後にお手入れの方法を書いたお便りが届いたり、欲しい商品が見つからなかった後に、好みに合わせて「こんな商品が入りました」とのお知らせがあったり、誕生日や季節のご挨拶などが来たりすると、特別感が出ますよね。もらった人の心があたたまるようなハガキやお手紙を定期的に書いてみましょう。雑誌に広告を載せるよりよっぽど効果的です。

競合他社に顧客を奪われないために

⑤VIPカードを作る

一定の条件を満たした常連のお客様には、来店の都度、購入の都度、特別なサービスが受けられるようにするのもいいでしょう。購入時に必ずノベルティがもらえたり、先行販売会に招待したり、新商品の試食ができたり、大盛りをサービスしたり、といったように、過度なサービスでなく、ちょっとしたサービスで問題ありません。

『できる店長は、「これ」しかやらない』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

VIPカードを作ることで、スタッフも常連のお客様だということがひと目でわかり、「いつもありがとうございます」と声を掛けることができます。

競合他社にお客様を奪われないようにするために、特典を大きくするのも1つの手です。「他で買うより絶対お得!」など、競合店という選択の余地を与えないことも、VIPカードの活用法です。スタンプカードやポイントカードを実施しているお店はすぐにできますので、ぜひ試してみてください。

このように、お客様にお店を好きになっていただくためには、特別なこと、多大な投資がかかることはありません。ほんの少しの気遣いや工夫で好きになっていただけます。

普段からお客様を大切にする姿勢を見せることが成功のポイントです。店長自らが率先して行い、スタッフたちにもその姿勢を見習ってもらいましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT