堀江貴文氏、新球団設立「経営面の不安感じない」

「福岡北九州フェニックス」に込めた想いと成算

堀江氏が新球団を設立して独立リーグ参入を狙う理由とは(撮影:梅谷秀司)

今年発足した九州アジアプロ野球リーグに、新球団「福岡北九州フェニックス」を設立して参入すると表明した堀江貴文氏が、オンラインで「緊急記者会見」を開いた。堀江氏による参入は一部メディアが先行報道したが、以後、問い合わせが殺到したため緊急記者会見を開くことにしたとのこと。

まず設立母体である福岡北九州フェニックス株式会社の槇原淳展社長が経緯を説明した。堀江氏はオンラインサロン「HIU」(堀江貴文イノベーション大学校)を主宰しているが、ここに今年1月、旧知の九州アジアプロ野球リーグの「火の国サラマンダーズ」神田康範代表から独立リーグ設立の話があった。

堀江氏は、オンラインサロンのメンバーで運営ができるのではないかと思い球団設立を決断。そしてメンバーの一人の、元銀行マン槇原氏が社長に手を挙げ北九州市に本拠を移すなど準備を進めた。北九州市役所もこの動きに賛意を示した。リーグ参入の最終決断は夏から秋に行う。北九州市民球場(収容人数2万人)を本拠地として使用するが、それ以外にも適宜空いている球場を使用するという。

堀江氏「1年とかで終わるのはまずい」

ここで堀江氏が登場した。堀江氏は、「スポーツを見に来るコアなファン層はもちろんだが、たまにしか野球を見ないようなライトな人たちにいかに楽しんでもらうか、これがチャレンジになる」と強調した。

オンライン会見に登場した堀江氏

堀江氏は2月から独立リーグ、ルートインBCリーグの「埼玉武蔵ヒートベアーズ」のアドバイザーに就任している。この球団の経営母体は、株式会社温泉道場という温泉を中心とした複合型のアミューズメント事業を運営。北九州球団も野球だけでなく、多様な楽しみ方を提供したいとのことだ。

今年1月のオンラインサロンでの議論が始まりで、何年もかかるのではなくスピード感をもって事業参入まで持っていけたのは良かったとしたが、同時に「1年とかで終わるのはまずい」「ちゃんとやっていけることが大事」と強調した。

北九州でのスポンサー営業を本格的に開始するが、同時にNPBのドラフト終了後の11月に、リーグと合同でトライアウトを実施、また単独でもトライアウトを行って選手を集めていく。監督などの人事は未定とのこと。

次ページ堀江氏の構想は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT