「話し方」を変えると「自信がついてくる」納得理由 日本人の悩み「自信がない」解決する秘訣は?

印刷
A
A
★脚を合わせて立つより、足を肩の幅ぐらいまで広げ、鳥居のように立つ
★手は股間の前で組み、肩をすぼめるのではなく、手はおへその位置で組み、肩を広げる
★あごは引き気味よりも、やや上げる
★「~と思います」「~させていただきます」などの丁寧で回りくどい言葉は避け、言い切る
声は低めに、メリハリをつけて話す。

こうやって「表情」や「姿勢」「立ち方」「ジェスチャー」「振る舞い方」「言葉の選び方」など、「話し方」をほんの少し変えるだけで、あっという間に印象はコントロールすることができます。

そして、Aさんは、この『世界最高の話し方』にもまとめた話し方の黄金ルールを実直に、ひとつひとつ、丁寧に実践していってくれました。

すると、半年もたたないうちに、「あれほど苦手だった人前での話が、まったく苦にならなくなった」と声を弾ませ、私に報告してくれました。

「共感力」さえあれば「コミュニケーションの達人」に

人の気持ちがわかる、共感力がある、ということは、「相手が何を聞きたいのかを察する力」があるということです。

この「共感力」さえあれば、あとはちょっとした度胸を身につければ、必ず「コミュニケーションの達人」として成長していくことができる。これが、1000人以上のリーダーの育成に関わってきた私の実感です。

一方で、こうやってできた自信も、「あくまで不完全なもの」であることを肝に銘じておく必要があるでしょう。絶対的な自信は慢心とおごりを生みますから。

賢く能力のある人ほど、つねに何かが間違っており、何かが足りないことを知り、つねに軌道修正し、アップデートをしていこうとするもの。だから、いつも、「ちょっと自信がない」ぐらいがいい塩梅なのかもしれません。

私自身、こんな仕事をしていますが、もともと、ちっとも自信はありません。でも、フリはできるようになりました

「話し方」修業のおかげで、自信を持って見せなければならない場面では、カチッとスイッチを入れて、「自信のある自分」を演じることができるようになったのです。それで、案外事足りるものだったりします。

ですので、皆さんもまずは、「フリ」から始めてみませんか。その「小さな一歩」が、みなさんの話し方と人生を、大きく動かしてくれるはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT