参政権の拡大には慎重な意見のほうが多い--東洋経済1000人意識調査

参政権の拡大には慎重な意見のほうが多い--東洋経済1000人意識調査

与党内でも意見が割れている定住外国人への地方参政権付与。全国1000人の意識調査では、選挙権、被選挙権とも付与反対が付与賛成を上回る。また、現在20歳以上に与えられている選挙権を18歳以上に引き下げる案も反対派がやや優勢。

■地域別クロス集計

地域別でみると、選挙権の付与については東北地方で反対派(反対、どちらかといえば反対)が56%であり、全国では反対派が43%であったのに比べて多い結果となった。

被選挙権の付与については、全国的に51%が否定的な意見となったが、特に東北地方では63%の人が反対の意見だった。

また、選挙権年齢の引き下げについても多くの地方において反対派がやや優勢であり、北海道地方においては賛成派(賛成、どちらかといえば賛成)が21%であるのに対し、反対派が59%という顕著な結果が見られた。


※四国はサンプル数が少ないため参考値
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。