日本に「本物のリーダー」が絶望的にいない深い訳 「無恥・無知・無能」だらけ!その根本原因は?

印刷
A
A

そして何より、最大の理由は、

●無恥で無知でムチ(強権)をふるうリーダーに対抗すべき人材がいない。

ということです。まっとうで、良識や共感力のある人たちに限って、手を上げたがりません

例えば、優秀な女性たちはたくさんいるのに、遠慮して、声も手も上げない、挙げられない。「能力>自信」という人たちがあまり浮かばれないシステムになっているのです。

「とにかくきっちり自分の考えを主張し、手を上げて発言すること」がデフォルトである欧米型の教育と、「答えを知っていても手を上げない」日本型の教育

つまり、海外では、「玉石混交ではあるものの誰もが手を上げやすい」一方で、日本では「他者愛よりも自己愛」という恥知らず、目立ちたがり屋の「承認欲求モンスター」ばかりが手を上げ、選ばれやすいというわけです。

「能力のある謙虚な人でも声を上げやすくするリーダーシップ教育」「自信を醸成するコミュニケーション教育」を日本にも一刻も早く根付かせる必要があるでしょう。

リーダーは「国民や社員と向き合う気概を持つ」こと

「もはや、日本は先進国ではないのではないか」。最近、周囲から、こんな自信を喪失した声がよく聞こえてきます。

今のリーダーシップに落胆しても、ほかに選択肢もない絶望。実際、リーダーの家庭教師として10年以上のキャリアを積んできましたが、コミュニケーションを含めて、「リーダーに必要なスキルをつねに謙虚に学び続けよう」という人は圧倒的に少ないのが実情です。

リーダーになってしまえば、学ぶものはないと、慢心する。そうした人々をリーダーにしてしまったのはわれわれ1人ひとりですから、すべてを彼らの責任に押し付けるわけにはいきません。

しかし、まずは、リーダーと言われる人たちはゼロから、謙虚に学び、伝える努力、国民や社員と向き合う気概を持つ必要があるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT