「世界最高の上司」になる、たった1つの簡単法則

「ほしかき」と「みかん」の法則、知ってますか

これからのマネジメントに必要な「ほしかき」と「みかん」とは?(写真:metamorworks/iStock)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は発売後、たちまち12万部を突破するベストセラーになっている。
コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「『世界最高の上司』になる、たった1つの簡単法則」について解説する。

コロナ禍で進む「上司と部下の『大分断』」

コロナ禍で、日本の職場が「分断」の危機にあります。

リモートワークを嬉々としてこなし、生産性も高まっている人もいる一方で、つながりを絶たれ、孤独感を覚える若者や部下とのコミュニケーションに悩む中間管理職も増えているのです。

職場のメンタルヘルスの現場で、そうした社員の姿を観察しているある産業医は、「適応できる人、できない人の格差が広がっている」と感じているといいます。

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「人づきあいが苦手な自閉傾向の強い人には『リモート万歳』という人が多いが、対面でのコミュニケーションをスタンダードとしてやってきた『50代以上の管理職のメンタル』が危ない」のだそうです。

「部下があまり話したがらない」「どう話しかけていいかわからない」など、「上司と部下のコミュニケーションの『分断』が進んでいる」というのは、日本の大手企業社員向けにメンタルヘルスサービスを提供するMD.ネットの専務取締役、渡辺ユキノさんの言葉。コロナ禍での「日本の職場のコミュニケーション不全」の現状を心配しています。

職場のコミュニケーションを円滑に「回していく」中心的存在であるべき中間管理職が今、最も不遇をかこい、悩んでいるわけです。ただ、中間管理職の中には、そもそも、部下とのコミュニケーションの「基本ルール」を知らないという人も少なくないようです。

では、部下とどのように対峙すれば、「愛される上司」になれるのでしょうか

次ページ最近よく聞く上司の悩みは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT