中国企業をいまだに侮る人が知らない躍進の本質

日本人が想像もできてなかった変化が起きている

アリババやバイトダンスなど日本人もよく知る名前の中国企業が世界に打って出ている(写真:Yan Cong/Bloomberg)

1990年代以降、「世界の工場」として驚異的な経済成長を遂げた中国は、2010年にはGDPで世界第2位の経済規模へと成長した。とくに注目すべきは、21世紀になってからのこと。いうまでもなく、世界経済に大きな影響を与える存在として認知されたからである。

ところが近年は、成長を支えてきた大量投資と輸出主導の経済発展モデルが行き詰まりを見せ、経済成長の伸び率も鈍化している。その傾向は今後も続くと予想されるが、だとすればそうした状況から脱出するための手段を模索するところだろう。

現在、中国はイノベーションによる発展、そして戦略の転換を目指している。具体的にはデジタルエコノミーの勃興を経済成長の新たな機動力と位置づけ、デジタル技術の開発および社会実装によって新たな未来像を描こうとしているのだ。

『チャイナテック: 中国デジタル革命の衝撃』(趙 瑋琳 著、東洋経済新報社)は、その原動力である中国のテック企業、すなわち「チャイナテック」のポテンシャルに焦点を当てたものである。

デジタルエコノミーのトップランナーは中国

GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の台頭に明らかなとおり、世界各国がデジタルエコノミーの進展にしのぎを削るようになって久しい。しかし、いまやそのトップランナーは中国であり、その象徴こそがチャイナテックなのだと著者の趙氏は強調する。

中国遼寧省瀋陽市出身の、伊藤忠総研 産業調査センター主任研究員。大学卒業後に来日し、日本の技術力や文化などに魅了される日々を送ってきた。しかしその一方、中国に帰るたび、その変貌ぶりに驚かされたのだという。

スマートフォンのアプリを利用してタクシーかライドシェアの車に乗って通勤し、昼休みにはスマホを使ってデリバリーサービスでランチをすませ、仕事帰りにはスマホでオンライン・ショッピングを楽しむーー。そのような光景が中国の都市部では日常の姿となっています。(17ページより)

もはや中国の都市生活においては、スマートフォンなしでは生活が成り立たず、「財布をなくすより、スマホをなくすほうが深刻」とまでいわれているそうだ。

もちろん日本においても、スマホのない生活は考えられないものになっている。しかし中国ではそれ以上に、スマートフォン決済によるキャッシュレス化がデジタルエコノミーの進展を加速させているのだろう。

次ページBATHの存在感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT