茨城にある「減酒外来」に予約が殺到する事情

断酒が難しいなら、減酒から始めればいい

予約が1カ月先まで埋まっているという北茨城市民病院「アルコール減酒外来」で診療を行う吉本准教授(写真:筆者撮影)

「最近は出社前にはコンビニに行かないようにしています。お酒を買ってしまいそうで怖いので……」
「おお。そうやって正直に言えるようになったのは、いい傾向だね」
医師は笑顔で男性患者を力づけた。

ここは北茨城市民病院が2019年に開設した「アルコール低減外来」。この4月、大学病院では日本で初の取り組みとなる「アルコール低減外来」を誕生させた、筑波大学附属病院の吉本尚准教授の診察室だ。

勤務中に酒を飲むように

男性患者は30代。数年前に難病を発病し、働いていた企業を辞めざるをえなくなった。その後職種を変えて転職したが、病気の憂さを酒で晴らすようになっていく。帰宅後だけでなく、出社前、そして勤務中にこっそり酒を飲むようになるまで、時間はかからなかった。

ほどなく勤務中の飲酒が周囲に気づかれるようになり、社内で大問題に。心療内科に通う一方、社内に酒を持ち込まないようにする持ち物チェックや、帰宅時の同行など、同僚のサポートを得て、アルコール依存症克服を目指した。

そんな矢先、やってきたのがコロナ禍だ。出社が減って周囲の目がなくなった分、再び酒量が増加。半年ほど前には酔っ払って乗った自転車で転び、病院に運び込まれた。そこでたまたま宿直医だったのが、吉本氏だ。「明日にでも来て」。そう言われて、吉本氏のアルコール低減外来で治療を始めるようになったという。

「お酒の量は減らなくても、お酒の害をまずは減らそう」という吉本氏の提案で、男性は仕事中だけは、絶対にお酒を口にしないことを約束。吉本氏は言う。

次ページ断酒ではなく、減酒外来が人気のワケ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT