「起業志望の若者は甘い」と語る22歳起業家の真意 理想実現のためには「ダークな部分」を直視せよ

拡大
縮小

僕は17歳で初めて起業しましたが、いまは12歳、13歳で起業したいというさらに若い世代も増えていて、メンターとして話をよく聞いています。みんな、父親が起業家だったり、家系に起業家が多かったり、環境的にも経済的にも恵まれている人が増えている印象です。

そこから登場した若い起業家は、その立場であるからこそ、「次世代にどう貢献するのか」「何を世の中に還元できるか」という動機が発端になっています。すると、社会的にもクリーンなところを走っていけるわけです。

渋川 駿伍(しぶかわ しゅんご)/Kakedas代表、起業家。1998年長野県生まれ。高校在学中、17歳で初の起業を経験。高校卒業後も日本の大学には進学せず、海外大学のオンラインコース履修による学位取得を目指す。19歳で起業し、登録者数国内最多のオンラインカウンセリングサービス「Kakedas(カケダス)」など、法人向けサービスを展開している。また、ポップコーンの魅力にとりつかれ日本ポップコーン協会を創設、自ら会長に就任し、現在の会員数は780名にものぼる。その縁からテレビ番組『マツコの知らない世界』にも出演した(撮影:今井 康一)

実は僕は、中学生や高校生など、若い起業家志望者にこそ、この本を読むようにと薦めています。

ビジネスシーンにおいては、クリーンなだけではやっていけない、目を背けられないリアルな部分があります。ところが、いまの若い世代には、起業に対するある種の憧れや羨望の眼差しだけがあります。

自分が描いている理想の未来像や、社会に対する疑問や課題を、そのまま表明しながら生きていけるという感覚があるようで、見なければならない現実に蓋をしていることが目立ちます。そこには、江副さんのようないかがわしさや、あやしさはありません。

当然ながら、ビジョンだけ、理想だけ、ミッションだけを声高に語っていても事業にはなりません。起業家になると宣言する以上は、資本主義というゲームの中で戦い、しっかりと地に足をつけて、経済的なリターンを出さなければなりません。

それを直視しているか、経営者とはなんたるかを徹底的に問うているか。いまの若者にはそこが欠けています。江副さんは、資本主義というものに、真正面から、ロジカルかつリアリズムで向き合い続けた経営者でもありますから、ぜひ参考にしてほしいです。

人生100年時代のリーダーの役目とは

弊社は、僕が定義した「人生の主人公を増やす。」というビジョンを掲げて、日本に相談のインフラを築くという事業を展開しています。

Zoom配信トークイベント「著者が語る『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男』」を開催します(代官山 蔦屋書店主催)。詳細とお申し込みはこちら(写真:代官山蔦屋書店)

誰もが自分に合ったタイミングで専門家に相談することができ、キャリアのこと、メンタルのこと、なんでも話せるというものです。経済が衰退しはじめ、人生100年時代となるこれから、必要になるインフラだと考えています。

けれども、会社のサービスとしてインフラを作ったあとの展望については、あえて僕自身が定義しないほうがいいのではないかと考えているんです。それよりも、会社のみんなに対して、いかに良質な「問い」を投げかけるか、それだけがリーダーの役目ではないのかと。

次ページ「経営者のビジョン」だけでは、小さくまとまってしまう
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT